あと11

横浜市民防災センター映画祭 2019 ショートムービー&作文コンテスト

締切
2018年12月28日 (金)
作品提出・応募締切、必着
【ショートムービー部門】
●金賞(1作品) 横浜市民防災センター「災害シアター」での放映権(1年間)、5000円相当の防災備蓄食、作品の商品化(希望者のみ)、外国の防災イベント等における放映権(予定)
●奨励賞(3作品) 5000円相当の防災備蓄食
【作文部門】
●金賞(1作品) 金賞作文を原作としたアニメーション映像化、5000円相当の防災備蓄食
※アニメーション映像化された作品は、横浜市民防災センター映画祭 2020で公開予定
●奨励賞(3作品) 5000円相当の防災備蓄食
募集内容
テーマにそった映像作品、または作文
※作品に登場する人物の肖像権や、使用している著作物(音楽、写真、絵画、小説、シナリオ、テレビ、ラジオ等)の使用許諾を必ず取ること
※誹謗中傷、不快感を与える作品、その他公序良俗に反すると事務局が判断した作品は選考対象外
【部門/テーマ】
(1)ショートムービー部門:「防災・減災」「自助・共助」について考えさせられる15分以内の映像作品
※映像のジャンル(実写、CG、アニメ等)は自由
※制作年度は不問、ただし他の映像コンペティションや映画祭等において受賞歴のある作品は応募不可
(2)作文部門:災害から“命”を助ける物語
※災害とは、地震・津波・液状化・台風・集中豪雨・土砂崩れ・洪水・雷・雪害・噴火・火災等の自然災害を指す
※横浜市民防災センター映画祭 2019用に書いた作品とする
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品
【ショートムービー部門】
※mp4ファイル
※作品の動画データをメディア(DVD-R/RW、Blu-ray-R/RW等)に保存したもの 2枚
※言語については日本語または日本語吹き替え・日本語字幕付きとする
※記録媒体には、作品名・応募者名・作品本編の長さを直接書き込むこと
※授賞式で配布するプログラムやその他資料用として、監督の写真をDVD/CD-R等にて1点送付すること(写真はjpeg/png/gifファイルとし、映像作品を格納する映像メディアとは別とする)
【作文部門】
※字数は800~1200字以内
※縦書き横書きは不問
※言語については日本語とする
※個人のみ参加可、ただし個人で応募できる作品は1作品とする
※原則400字詰め原稿用紙で手書きとする
※原稿用紙には、作品のタイトルを書くこと
※手書きによりがたい場合は、wordファイル等により作成された作文も可とする、ただし改変できないよう画像データ化(jpegファイル等)すること
※授賞式で配布するプログラムやその他資料用として、応募者の写真をDVD/CD-R等にて1点送付すること(写真はjpeg/png/gifファイル)
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
参加資格
授賞式に作品制作者本人または代理人の方が出席できること(交通費、滞在費は自己負担とする)
※作文部門は横浜市内在学・在住の小学生を対象とする
参加費
無し
著作権の扱い
【ショートムービー部門】
応募作品の著作権は製作者に帰属
【作文部門】
応募作品の著作権は作文を書いた応募者に帰属
主催
横浜市民防災センター
提出先・問合先

〒221-0844
神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-7
横浜市民防災センター映画祭 2019 事務局 TR係
tel : 045-312-0119
mail : sy-shiminbosai@city.yokohama.jp