あと5

第9回 子どものまち・いえワークショップ提案コンペ《学生限定》

締切
2019年05月31日 (金)
作品提出・応募締切、必着
●最優秀賞 ワークショップ実施費用(上限10万円)
※費用には、スタッフの交通費や道具の郵送代等も含む
※場合によっては、複数の企画に費用を分配し、採択する可能性あり
募集内容
建築をテーマにした子ども向けワークショップの企画
※テーマは不問だが「まち・いえ」(住環境)に関わる企画とする
※既に主催者・団体が決定している企画は、主催者・団体名を記載すること
※過去に実施された企画を応募する場合は、開催実績を記載すること
※企画実践日は、2019年秋ごろの土曜・日曜・祝日のいずれかの日程とする
※想定実施場所は、東京近郊とする
※以下のいずれかを実施場所として希望する場合、実施フィールド確保の支援が受けられる
(1)晴海トリトンスクエアおよびその界隈
(2)建築会館イベント広場
提出物
●応募票(公式ホームページよりダウンロード)
●WS提案概要票(公式ホームページよりダウンロード)
●プレゼンシート
※A3版、書式不問、縦使い・横使い不問
※プレゼンシートには代表者情報や団体メンバー情報を記載しないこと
※テーマを掲げて「子どものまち・いえワークショップ」を企画し、A3判1枚にまとめること
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくは持参
参加資格
5名以上からなる学生団体
※大学院・大学・専門学校等、ワークショップ経験有無は不問
※代表者を1名選出し、事務局と連絡がやり取りできる状況であること
参加費
無し
審査員
●審査委員長
山梨知彦(建築家、日建設計常務執行役員)
●審査委員
中津秀之(関東学院大学 建築・環境学部 准教授)
角舘まさひで(東京都市大学 客員教授、ぼんぼり光環境計画代表)
遠藤幹子(建築家、マザー・アーキテクチュア)
木下洋介(構造家、木下洋介構造計画)
結果発表
2019年6月8日、公開審査会にて
著作権の扱い
実施プログラムの著作権は、応募団体と子ども教育支援建築会議子ども教育事業部会に帰属
主催
一般社団法人 日本建築学会
提出先・問合先

〒108-8414
東京都港区芝5丁目26番20号
日本建築学会事務局
「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」
tel : 03-3456-2051
mail : mishima@aij.or.jp