あと11

第6回 ふるさと秋田文学賞

締切
2019年07月31日 (水)
作品提出・応募締切、消印有効
【小説の部】
●ふるさと秋田文学賞(1編) 賞状、賞金50万円
●ふるさと秋田文学賞(佳作)(1編) 賞状、賞金5万円
【随筆・紀行文の部】
●ふるさと秋田文学賞(1編) 賞状、賞金30万円
●ふるさと秋田文学賞(佳作)(1編) 賞状、賞金3万円
※入賞者には、後日、受賞作品集を贈呈
募集内容
テーマにそった小説、または随筆・紀行文
※日本語で書かれた未発表の自作品に限る
【テーマ】
秋田県を舞台とした、あるいは秋田県内の自然・人物・文化・風土・物産等を題材とした作品
【部門】
(1)小説の部
(2)随筆・紀行文の部
※同一部門への二重投稿は失格とする
提出物
●作品 4部(コピー原稿可)
※原稿は縦書きとし、電子データでの応募は不可
※ワープロ原稿は横長A4判の白紙に30字×40行の縦書きで印字し、400字詰め原稿用紙換算枚数を明記すること
※以下の事項を記入した表紙をつけること(公式ホームページに様式あり)
応募部門・題名(ふりがな)・原稿用紙換算枚数・氏名(ふりがな)・ペンネーム(使用する場合のみ)・郵便番号・住所・電話番号・年齢・性別・職業(学生の場合は学校名)・引用または参考にした資料/文献・募集を知ったきっかけ(過去に応募、リーフレット、公募ガイド、新聞、Webサイト名等)
※200字程度にまとめたあらすじを表紙の次のページに添付すること
※必ず通しページ番号をつけ、表紙、あらすじを書いた紙を添付の上、右肩をクリップ等で綴じること
※応募は一人各部門1編に限る
【小説の部】
※A4判の400字詰め原稿用紙50枚以内
【随筆・紀行文の部】
※A4判の400字詰め原稿用紙20枚以内
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくは持参
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
●一次選考委員
柴山芳隆(作家)
●最終選考委員
内館牧子(脚本家)
塩野米松(作家)
西木正明(作家)
結果発表
2019年10月中旬、入賞者に直接通知するとともに、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
入賞作品の著作権はすべて秋田県に帰属
ただし、主催者は著作者本人の意向を尊重し、作品を広められるよう配慮するものとする
主催
秋田県
提出先・問合先

〒010-8570
秋田県秋田市山王4丁目1番1号
秋田県企画振興部 総合政策課 県民読書推進班 TR係
tel : 018-860-1216