登竜門 日本最大のコンテスト情報ポータルサイト

JDN/登竜門 クリスマスカードデザインコンテスト2014

  • グラフィック・ポスター
  • 応募作品数:201点
  • 入賞作品数:5点
  • 主催:株式会社JDN

※画像をクリックすると大きな画像をご覧になれます

最優秀賞

最優秀作品
日比恒平(コンペイトーデザイン/Konpeito Design)
作者コメント
可能な限り少ない要素での表現を試みました。直径2.014mmの円と2.015mmの円で2014年から2015年への変化を表現しました。年の変わり目は極僅かな違いでしかありませんが、多くの人にとって節目となります。

※採用にあたりデザインの微調整を行いました

入選

入選 2
大貫道代(会社員)
作者コメント
キャドで描いた線画を元にしたカードです。ツリー頂上の雪の結晶の六角形は点線を使い、見えない線は点線で描く製図の手法を用いて、立方体も兼ねています。キャドは二次元から三次元へと幅を広げ、プリンターもそうなりつつあります。雪の結晶は矢印でできていて、注目の先、最先端の結晶という意味です。次元を超えるinnovationが集まり、注目を集めて愛されるメディアにとの願いを込めたカードにしました。

入選 2
福本翔子(オリエンタルデザインギャラリー)
作者コメント
イラストをいっぱいに、文字はひっそりと・・・。というお決まりのパターンが生まれてしまっている感じがしたので、立場を逆転させました。郵便受けを開けた瞬間にガツン!と目に飛び込んできます。

入選 3
竹原真二(デザイナー)
作者コメント
innovationというテーマから、”折り紙”をイメージしました。”折り紙”は、1枚の紙から様々なものに変化します。それを、常に新しく刷新していく姿に重ね合わせました。折り紙をイメージしたグラフィックで、「seasons greeting」「2014-2015」の文字を形作りました。

入選 4
武藤康司(グラフィック ベトナム支店)、グエン フェン チャン
作者コメント
ツリーは様々なクリエイティブを扱うJDNを表し、数々の集積がイノベーションに向かっていきます。静かに、確かに育まれるイノベーションを表現しました。