あと18

ウッドトランスフォームシステムコンペティション

一言コメント
入賞作品は実物製作!新しい木造防災設備のアイディア募集!

ウッドトランスフォームシステム(以下「WTS」という)とは、日常生活で人々の役に立つものとして利用されながらも、災害発生時にはトランスフォームし、被災者の避難所生活や復旧活動を支援する木造のシステム製品です。
今回、WTSの様々なアイディアを募集し、優れたアイディアを競うコンペティションを開催します。日本全国からたくさんのアイディアを募集し、将来WTSが実社会に組み込まれる防災システムとして普及することを目指します。ここで集められたアイディアが将来具現化されていけば、木のぬくもりにあふれた風景の中で、災害にも強い豊かな街づくりを進めていくことができます。

締切
2018年12月28日 (金)
作品提出・応募締切、必着
●最優秀賞(1作品) 賞状、記念品
●優秀賞(1作品) 賞状、記念品
他賞あり
※最優秀賞と優秀賞受賞の2作品は、試作として、それぞれ実物製作(試作品)を行う
募集内容
ウッドトランスフォームシステムのアイデア
※日常生活で人々の役に立つものとして利用されながらも、災害発生時にはトランスフォームし、被災者の避難所生活や復旧活動を支援する木造のシステム製品「ウッドトランスフォームシステム」のアイデアの提案
※第三者の知的財産に関する権利およびその他の権利を侵害していない作品に限る
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※10MB以内のExcelもしくはpdfファイル
※A4サイズの応募者情報入力フォームと、A3サイズのアイデア入力フォームの2枚で1セットの構成とする
※アイデアは図面に限らず、図や絵を用いて自由に記入すること
※実物や模型がある場合は、写真を応募用紙に貼り付けること
※手書きの場合は、応募用紙を印刷し、そこに図や絵を用いてアイデアや説明を手書きの上、その応募用紙をスキャンしてpdfファイルにすること
※一人(1団体)複数作品の応募可
参加方法
公式ホームページの応募フォームより投稿
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
●審査委員長
伊藤 滋(都市計画家 東京大学名誉教授)
●審査委員
石川永子(横浜市立大学国際総合科学部准教授 都市防災計画論)
大木聖子(慶應義塾大学環境情報学部准教授 地震学・災害情報論)
小林博人(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授 建築・都市地方設計)
坂 茂(建築家)
古久保英嗣(公益財団法人 日本住宅・木材技術センター理事長)
渡會清治(日本都市計画家協会理事 都市計画・まちづくり家)
鈴木興太郎(平成30年度日本木青連 会長)
川添恵作(平成30年度日本木青連 副会長)
結果発表
2019年3月、公式ホームページおよびWeb広報誌「ウッディレター」にて
著作権の扱い
応募作品の発表に関する権利は日本木材青壮年団体連合会が保有するものとする
主催
日本木材青壮年団体連合会
提出先・問合先

〒135-0047
東京都江東区富岡2-11-6
株式会社長谷川萬治商店内
日本木材青壮年団体連合会 ウッドトランスフォームシステムコンペティション事務局 TR係
tel : 03-5245-1151 / fax : 03-5245-1071
mail : wtsc@mokusei.net
※問い合わせは基本的にメールで行うこと

関連記事