あと11

小山町 フィルム クリエイターズ アワード 2017

一言コメント
合い言葉は「撮りにきて、小山」。大賞に制作準備金 50万円!

静岡県小山町では、長年にわたって展開してきたフィルムコミッション事業をさらに発展させ、映像制作のメッカとなることを目指す「スタジオタウン小山」事業を推進しています。NPO法人小山町フィルムコミッションが、制作者の立場にたった映像制作支援をしており、セットの建てこみも可能な映像制作の拠点「小山フィルムファクトリー」を用意しています。
「小山町 フィルム クリエイターズ アワード 2017」は、こうした「スタジオタウン小山」の取り組みを映像制作者に知っていただくとともに、小山町での映像制作を促進するために開催するものです。
合い言葉は「撮りにきて、小山」。
この地から次代の映像文化を築く意欲的な作品が生まれる日を夢見て、映像作家の皆様からの提案を募集します。

締切
2017年11月30日 (木)
作品提出・応募締切
●大賞(1名) 制作準備金 50万円、小山フィルムファクトリーの無償使用、NPO法人小山町フィルムコミッションによる映像制作支援、シナハン・ロケハン支援 ほか
●入賞(5名) 2万円(最終プレゼン参加費)
募集内容
小山町でのロケーション撮影、または小山町での滞在制作を含む映像作品の企画
※映像作品のジャンルは不問
※未発表のオリジナル作品に限る
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●企画書
※書式自由
※下記の必要事項を明記
作品タイトル・作品の概要・撮影プラン・撮影スタッフ・予算
※脚本、絵コンテ、香盤表などの参考資料添付可
●制作実績(公式ホームページよりダウンロード)
※チラシ、作品DVDなどの参考資料添付可
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送
※応募用紙以外はCD-R、DVD-R等の記憶メディアでの応募も可
参加資格
・日本語の各種連絡に支障がない方
・一次審査を通過した場合、2018年2月3日にスパイラル(東京・南青山)で開催される最終審査会にて、プレゼンテーションを行える方
・大賞を受賞した場合、2018年度に小山町でのロケーション撮影、または小山町での滞在制作を含む映像作品を制作できる方
・完成した作品に「協力」として、小山町、NPO法人小山町フィルムコミッションを表記できる方
※個人、団体、年齢、性別、国籍などは不問
参加費
無し
審査員
小口詩子(武蔵野美術大学 教授/映像作家)
桝井省志(映画プロデューサー)
矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)
込山正秀(静岡県 小山町長)
深澤高治(NPO法人 小山町フィルムコミッション 理事長)
結果発表
2018年3月上旬、公式ホームページ等にて発表
著作権の扱い
作品の著作権は応募者に帰属。ただし、印刷物・出版・Web等で発表する権利は主催者が保有するものとする
主催
小山町
提出先・問合先

〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4-4F
小山町 フィルム クリエイターズ アワード 2017 事務局(JDN内)
mail : ofca@japandesign.ne.jp
※平日9:00~17:00

関連記事