あと10

LEXUS DESIGN AWARD 2023

一言コメント
世界的クリエイターから直接指導を受けるチャンス!

「LEXUS DESIGN AWARD 2023」は、次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティションです。デザインやテクノロジーの力で、豊かな社会とより良い未来を創造する革新的なアイデアを募集しています。多様なニーズを予見し、人々に幸せをもたらすような実用的、機能的なソリューションでありつつ、魅力的で独創性溢れるデザインをご応募ください。
受賞者はメンタリングを経てブラッシュアップした作品を2023年春、審査員およびメンターに対して発表し、フィードバックを得る機会が設けられます。さらに各審査員との1対1の面談において、自身の作品へのフィードバックのみならず、今後どのようなキャリアを重ね、何を目指すべきかといったクリエイターとしての未来についても、直接アドバイスを受けることのできる貴重なセッションとなります。
※2022年9月16日付で、審査員の項目を追加しました

関連記事
「LEXUS DESIGN AWARD」メンターとして初参加、スズキユウリが語るアワードの魅力
LEXUS DESIGN AWARD 2023 メンター スズキユウリ

メンターの一人であり、ロンドンを拠点に活動する日本人デザイナー・スズキユウリさんのインタビュー。応募に際しぜひお読みください。
締切
2022年10月16日 (日)
アイデア提出・応募締切
●受賞(4組)
・様々な分野で活躍するメンターとのメンターシップ制度
・キャリアアップのサポートとなる、グローバルメディアでの露出
・リサーチ、プロトタイプ制作費などのプロジェクト費用支援(最大300万円)
・審査員との面談機会
募集内容
【テーマ】
DESIGN FOR A BETTER TOMORROW(より良い未来のためのデザイン)

【審査基準】
アイデアがいかに人々に幸せをもたらすか
下記のLEXUSが重視する三つの基本原則をいかに具現化しているか
・Anticipate(予見する):よりよい未来社会実現のために、取り組むべき世界的課題を予見するものであるか
・Innovate(革新をもたらす):新規性と独創性を有しているか
・Captivate(魅了する):人々の興味をかきたて、心をつかむコンセプトやデザインであるか
提出物
●アイデアの詳細説明
●アイデアを表現する画像
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
18歳以上のクリエイター、専門家、学生、デザイン愛好家など
※国籍不問
参加費
無し
審査員
【審査員】
パオラ・アントネッリ(ニューヨーク近代美術館 (MoMA)建築・デザイン部門シニア・キュレーター)
カリム・ラシッド(Karim Rashid Inc. デザイナー)
サイモン・ハンフリーズ(トヨタ自動車株式会社 Head of Toyota & Lexus Global Design)

【メンター】
マーヤン・ファン・オーベル(マーヤン・ファン・オーベル スタジオ ソーラーデザイナー)
ジョー・ドーセット(デザイナー/ジョー・ドーセットXパートナーズ 代表)
スズキユウリ(アーティスト、デザイナー/ペンタグラム パートナー)
スマイヤ・ヴァリー(建築家/カウンタースペース 主宰)
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
※詳細は応募フォームより公式規約を確認
主催
Lexus International
提出先・問合先

LEXUS DESIGN AWARD公式ページより

関連記事