あと10

LEXUS DESIGN AWARD 2021

一言コメント
世界的クリエイターから直接指導を受けるチャンス!

全世界から多数の応募を集める、国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD」。革新的なアイデアで、豊かな社会やよりよい未来を創造する、新進気鋭のクリエイターを育成・支援することを目的に、2013年に創設されました。
LEXUS DESIGN AWARDのテーマは「Design for a Better Tomorrow」。社会の課題や人々のニーズを予見し、想像力あふれる革新的なデザインで、より良い未来へと導く。多くの人を魅了する、創造性豊かなアイデアをお待ちしています。
※2020年9月16日付で、審査員の項目を追加しました
※2020年8月19日付で、審査員の項目を追加しました

【関連記事】日常の中から紐解いていく、LEXUS DESIGN AWARDの3つのキーワード(デザイン情報サイト[JDN]) https://www.japandesign.ne.jp/interview/lda2021-1/
日常の中から紐解いていく、LEXUS DESIGN AWARDの3つのキーワード(デザイン情報サイト[JDN])

過去受賞者の3名と審査員を務めるサイモン・ハンフリーズさんに本アワードの魅力や想いについてお話をうかがいました!

締切
2020年10月11日 (日)
アイデア提出・応募締切
●ファイナリスト(6組)
・世界的クリエイターによる継続的なメンタリング
・メンタリングワークショップへの招待
・プロトタイプ制作費支援(最大300万円)
・ミラノデザインウィークでの作品展示・招待
※賞典の内容や開催場所は変更の可能性あり
●グランプリ(1組)
※6組のファイナリストの中から1組を選出
募集内容
テーマにそった創造性豊かなアイデア
【テーマ】
Design for a Better Tomorrow
※社会の課題や人々のニーズを予見し、革新的かつ魅了するデザインで、よりよい未来を創造するアイデアを募集

【審査基準】
・Anticipate(予見する):個人だけでなく、広く社会のニーズまでをも予見したコンセプトやデザインであるか
・Innovate(革新をもたらす):革新的で独創性のあるアプローチや手法を用いているか
・Captivate(魅了する):提案されたコンセプトやデザインは人々を魅了するものであるか
提出物
●アイデアの詳細説明
●アイデアを表現する画像
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
【審査員】
パオラ・アントネッリ(MoMA NYキュレーター)
ドン・ゴン(建築家)
グレッグ・リン(建築家)
サイモン・ハンフリーズ(Head of Toyota & Lexus Global Design)

【メンター】
ジョー・ドーセット(デザインエンジニア)
マリアム・カマラ(建築家)
サビーヌ・マルセリス(デザイナー)
スプツニ子!(アーティスト、デザイナー)
結果発表
ファイナリスト(入賞作品)は2021年1月頃に発表予定
グランプリは春頃に発表予定
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
※詳細は応募フォームより公式規約を確認
主催
Lexus International
提出先・問合先

LEXUS DESIGN AWARD公式ページより

関連記事