あと40

米百俵デジタルコンテスト 2021

「米百俵デジタルコンテスト 2021(米100DC)」は若い世代が、小学生の課題を解決するようなアイデアをだしあうコンテスト。ユニーク、パワフル、やさしい、奇抜。どんなアイデアでも応募可能です。スマートフォン・タブレットなどで動作するアプリ、IoTデバイスの2分類で募集します。
いま暮らしているのは、昔の人が描いた未来です。有史以来、ご先祖たちは工夫をこらし、平和で、便利で、豊かな生活をめざしてきました。アイデアと努力で、改善していく。これはヒトの本能であり、また、この行為こそが私たちを豊かにしてくれます。長岡の米百俵の歴史も、次の世代の豊かさへの投資こそがいまの社会をよりよくするという信念がありました。「米百俵デジタルコンテスト」から未来の発明家がきっとうまれるはず。たくさんのアイデアをお待ちしています。

締切
2021年11月01日 (月)
作品提出・応募締切 17:00まで
●グランプリ(1点) 賞金30万円
●特別賞(5点) 賞金8万円
募集内容
子どもの遊び、学び、暮らしを豊かにするデジタルプロダクトのアイデア
【募集区分】
1. スマートフォン・タブレットなどで動作するアプリ
2. IoTデバイス
※未発表のオリジナル作品に限る
※アプリ、IoTデバイスはプロトタイプや作動するものがない場合も応募可
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●応募ID
●応募ID発行時のメールアドレス
●応募作品のジャンル
●動画
※90秒以内
※作品のデモまたはプレゼン動画
●作品名
※15字まで
●作品の詳細テキスト
1. 誰のためのデジタルプロダクトか(45字まで)
2. 遊び、学び、暮らしをどう楽しくするか(140字まで)
3. デジタルでどう実現するか(図解画像1点)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※一次審査通過者は、審査員からのフィードバックを参考に作品をブラッシュアップし再提出
参加資格
創造性を持ち、デジタル領域に関心のある若者
※1997年4月2日~2009年4月1日生まれの方
※個人またはグループ(最大5人)
※グループの場合、全員が上記の年齢を満たすこと
参加費
無し
審査員
●審査員
佐藤ねじ(アートディレクター、プランナー)
矢野昌平(長岡工業高等専門学校 電気電子システム工学科 研究推進 教授)
平野未来(株式会社シナモン 代表取締役社長CEO)

●特別審査員
公立大学法人長岡造形大学
磯田達伸(長岡市長)
結果発表
【一次審査】
2021年11月下旬、通過者に通知するほか、公式ホームページにて発表
【最終審査】
2022年2月、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
入賞作品の著作権等は応募者に帰属
ただし、主催者は入賞作品の内容(各応募者の氏名等の個人情報を含む)を、主催者または主催者の指定する第三者のホームページその他の媒体での広告宣伝・販売・広報その他の活動のために、期間を問わず、無償で利用することができるものとする
主催
ながおか・若者・しごと機構
提出先・問合先

〒940-0062
新潟県長岡市大手通2-2-6 ながおか市民センター内
米百俵デジタルコンテスト事務局(ながおか・若者・しごと機構)
tel : 0258-86-6008
mail : contact@kome100dc.jp

関連記事