あと35

米百俵デジタルコンテスト(米100DC)

米百俵デジタルコンテスト(米100DC)は、人材育成と未来への投資を惜しまない「米百俵の精神」が息づくまち、新潟県・長岡で2020年秋にはじめて開催されます。
募集するのは、アプリ、ゲーム、IoTデバイスの「アイデア」。課題を創造的に解決する優秀な作品は、アイデア実現に向けて支援が受けられる予定です。
新型コロナウイルス感染症を想定した新しい生活様式の中で、誰もが暮らしの変化を経験しています。
世界が大きく変わろうとする今、米100DCは、ユニークな発想を持つ若者がチャレンジできる環境、先端技術を取り入れた学びの場を提供することで、若い才能を発掘し、支援していきます。

締切
2020年11月30日 (月)
作品提出・応募締切
●グランプリ(1点) 賞金30万円
●特別賞(5点) 賞金8万円
●入選(7点) 5000円分のAmazonギフトカード
※特別賞は他の賞との重複受賞可
募集内容
子どもの遊び、学び、暮らしを豊かにするデジタルプロダクトのアイデア
【募集区分】
1. スマートフォン・タブレットなどで動作するアプリ
2. 家庭用ゲーム機のゲームソフト
3. IoTデバイス
※未発表のオリジナル作品に限る
※アプリ、ゲームソフト、IoTデバイスはプロトタイプや作動するものがない場合も応募可
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●応募ID
●応募ID発行時のメールアドレス
●応募作品のジャンル
●作品名
※15字まで
●説明文
1. 誰のためのデジタルプロダクトか(45字まで)
2. 遊び・学び・暮らしをどう楽しくするか(140字まで)
3. デジタルでどう実現するか(400字までの説明文、技術仕様書画像1点のいずれかまたは両方)
●動画
※作品のデモ動画またはプレゼン動画
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※一次審査通過者は、審査員からのフィードバックを参考に作品をブラッシュアップし再提出
参加資格
創造性を持ち、デジタル領域に関心のある若者
※1996年4月2日~2008年4月1日生まれの方
※個人またはグループ(最大5人)
※グループ応募の場合、全員が上記の年齢を満たすこと
参加費
無し
審査員
●審査員
岡崎智弘(デザイナー)
渋谷修太(フラー株式会社 代表取締役)
徳久達彦(長岡造形大学 視覚デザイン学科 准教授)

●特別審査員
河口洋一郎(東京大学 名誉教授)
長岡市長

著作権の扱い
入賞作品の著作権等は応募者に帰属
ただし、主催者は入賞作品の内容(各応募者の氏名等の個人情報を含む)を、主催者または主催者の指定する第三者のホームページその他の媒体での広告宣伝・販売・広報その他の活動のために、期間を問わず、無償で利用することができるものとする
主催
ながおか・若者・しごと機構
提出先・問合先

〒940-0062
新潟県長岡市大手通2-2-6 ながおか市民センター内
米百俵デジタルコンテスト事務局(ながおか・若者・しごと機構)
tel : 0258-86-6008
mail : dc2020@kome100dc.jp

関連記事