あと111

第10回 雪のデザイン賞

一言コメント
雪や氷のデザインは無限大。オリジナリティ溢れる作品を募集!

六角形を基本とした精緻で清らかな雪の結晶。それは自然が造る最も美しいものの一つといえるでしょう。加賀市出身の「雪博士」中谷宇吉郎(1900~62)は、世界で初めて人工的に雪を作ることに成功し、「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残しました。
宇吉郎が生涯研究した雪や氷を暮らしの中にデザインしてみませんか。

締切
2019年03月31日 (日)
作品提出・応募締切、必着
●金賞(1点) 賞金50万円
●銀賞(1点) 賞金20万円
●銅賞(1点) 賞金10万円
●奨励賞(5点程度) 賞金5万円
●佳作(若干)
募集内容
雪や氷のさまざまな形や現象をモチーフにした作品
※小物、工芸品、ポスター、オブジェ、映像(3分以内)など搬送可能な現物作品
※写真・絵画だけのもの、食品またはすでに市場に流通している商品は応募不可
※未発表のオリジナル作品に限る
※応募は一人(1グループ)3点(組)まで

【作品サイズ】
※立体固形物は、縦・横・高さが各50cm以内
※パネル状のものや衣類などは、一辺が150cm以内
※折りたたんで展示してもよい場合は、折りたたんだ状態で一辺が150cm以内
※いずれの場合も重量は10kg以内で、運搬や展示に耐えうる強度のものとする

【入選作品展】
会期:2019年11月7日~2020年2月11日
会場:加賀市中谷宇吉郎 雪の科学館、または加賀市内の公共施設
提出物
●出品申込書
●作品画像を収めたCD
※作品がよく分るように異なるアングルから撮影すること
※1MB以上のjpegファイル(3点)、800×600px以上
※映像作品の場合は、画像のほか3分以内の動画を提出
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
不問
参加費
1点 2000円、2点目から1000円
審査員
●審査員長
川上元美(デザイナー)

●審査員
川北良造(重要無形文化財保持者 木工芸)
古場田良郎(デザインコンサルタント)
神田健三(加賀市中谷宇吉郎雪の科学館・友の会 会長)
稲塚展子(富山県美術館 学芸員)
結果発表
2019年11月9日、表彰式を開催予定
著作権の扱い
・応募作品に関する所有権、知的財産権など権利と責任は原則として出品者に帰属
・入賞作品は、本人の承諾に基づき、主催者が無償で二次使用できることとする
・作品の発表に関する権利は、主催者に属するものとする
主催
加賀市、加賀市教育委員会
加賀市中谷宇吉郎雪の科学館(指定管理者:加賀市総合サービス株式会社・I Love加賀ネットグループ)
提出先・問合先

〒922-0411
石川県加賀市潮津町イ-106
加賀市中谷宇吉郎雪の科学館内
雪のデザイン賞事務局 TR係
tel : 0761-75-3323 / fax : 0761-75-8088
mail : yuki-mus@angel.ocn.ne.jp

関連記事