あと103

第43回 「海とさかな」自由研究・作品コンクール《小学生限定》

締切
2024年09月27日 (金)
作品提出・応募締切、消印有効
●最優秀賞(農林水産大臣賞・文部科学大臣賞・海洋研究開発機構理事長賞・水産研究・教育機構理事長賞・日本水産学会会長賞・朝日新聞社賞・朝日学生新聞社賞・株式会社ニッスイ賞)(各部門2点) 賞状、盾、5万円分の図書カード、黒瀬ぶり一匹
●優秀賞 賞状、5000円分の図書カード
●学校・団体協力賞(50団体) 2万円分の図書カード
※参加者全員に「海とさかな」博士号認定と参加賞を進呈
募集内容
テーマにそった観察図・自由研究または創作物
※生成AIを用いて作った作品の応募は不可
※壊れやすいものや液体、あるいは液体状の素材を作品に使わないこと
※重複応募は不可
※漁業権を侵害しないよう生き物の観察・採取を行うこと
※天然記念物等捕獲が禁止されていたり、法律に触れる行為で入手した魚介類をあつかった作品は不可
【部門】
※以下の2部門5分野から選択すること
(1)研究部門:観察図分野/自由研究分野
(2)創作部門:絵画分野/作文分野(創作文を含む)/工作分野(絵本も含む)
【テーマ】
海とさかなとわたしたち
提出物
●作品
※作品には必ず題名(20文字以内/文字数厳守)をつけること
※応募申請登録時に作品名が不明(または未定)の場合、作品名を「海とさかな」と記入すること
※図鑑や書籍、新聞、Webサイトから引用、参考にした場合は、必ず出典を明記すること
※各作品のわかりやすい部分に応募カード(応募申請登録にて発行/オンライン応募の場合は不要)を貼り付け
【研究部門】
・観察図分野
※A3判(29.7×42cm)か、四つ切り(38×54cm)サイズの画用紙を使用
※下記の4項目を記入すること
(1)テーマ(2)動機(なぜ、この題材を選んだか)(3)観察図を描いて分かったこと(4)感想等
※貼り絵、写真の挿入は不可
・自由研究分野
※スケッチブック等の市販のものやオリジナルブック(画用紙等をとじたもの)に、文章、絵、写真等を見やすくまとめること
※スケッチブック等の場合、B4判サイズ以内で、枚数は12枚(24ページ)以内(表紙・参考資料を含む)
※資料を添付する場合は3辺の合計が100cm、重さ3kg以内
※資料等で、貴重なものや壊れやすいものの場合は送付せず、写真等で代用すること
【創作部門】
・絵画分野
※A3判(29.7×42cm)、または、四つ切り(38×54cm)サイズの画用紙1枚(八つ切り等小さい分には応募可能)
※専用画用紙以外の市販の画用紙でも応募可
※「絵画」は写真や図鑑、インターネットの画像をそのまま描くのではなく、実際に見た光景や想像した世界を描くこと
※デジタル作品は不可
・作文分野
※400字づめ原稿用紙5枚以内
※薄い文字が無いように、丁寧に書くこと
※1枚目の1行目にタイトル、2行目に学校名・氏名を記入すること
・工作分野
※工作作品:タテ+ヨコ+高さの三辺の合計が100cm以内、重さが3kg以内
※絵本作品:B4判(25.7×36.4cm)サイズ以内のスケッチブック等の市販のものや、オリジナルブック(画用紙等をとじたもの)を使用し、10枚(表紙を含め20ページ)以内にまとめること
※壊れやすい素材や液体、あるいは液体状の素材を作品に使わないこと
※オンライン応募の場合は、作品の高さ・奥行・横幅を記入すること
参加方法
公式ホームページより応募申請登録
参加資格
小学生
※個人、学校、学級、絵画教室、地域のクラブ等での参加や、海外からの参加も可
参加費
無し
審査員
●審査委員長
猿渡 敏郎(東京大学大気海洋研究所 助教)
●審査員
長谷川裕康(農林水産省 水産庁 増殖推進部 研究指導課長)
有本 淳(文部科学省 初等中等教育局 教育課程課 教科調査官)
亀井雅彦(海洋研究開発機構 海洋科学技術戦略部 部長)
桑原隆治(水産研究・教育機構 研究戦略部長)
神保 充(日本水産学会・北里大学海洋生命科学部 教授)
森田和良(文京学院大学 人間学部 児童発達学科 特任教授)
小林 哲(朝日新聞社 科学みらい部長)
吉田由紀(朝日学生新聞社 編集部長)
吉田桂子(株式会社ニッスイ コーポレートコミュニケーション部長)
結果発表
2024年11月中旬~下旬、朝日新聞、朝日小学生新聞紙上、および公式ホームページにて(予定)
著作権の扱い
受賞作品の著作権(版権等)は株式会社朝日新聞社、株式会社朝日学生新聞社および協賛者に帰属
主催
株式会社朝日新聞社、株式会社朝日学生新聞社
提出先・問合先

〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富236-1
「海とさかな」自由研究・作品コンクール 作品受付係