あと62

国際平和映像祭(UFPFF) 2024 作品募集《学生限定》

締切
2024年07月21日 (日)
作品提出・応募締切、必着
●グランプリ 賞金10万円
●準グランプリ 賞金3万円
●審査員特別賞 賞金2万円
※受賞作品はヒューマントラストシネマ渋谷にて年内(11月または12月)に1週間興行の権利を付与(諸条件は受賞者に個別連絡)
●ファイナリスト(10名) 国際平和映像祭2024ご招待&旅費補助(国内在住者 最大4万円・海外在住者 最大20万円)
※ファイナリストには、2024年9月16日に東京で開催する国際平和映像祭2024出席のための旅費を補助
募集内容
テーマにそった5分以内の映像作品
※2022年以後に制作された作品
※ジャンルは不問
※肖像権については、映像に個人の顔が映っているときには、その方の許諾を得てから応募すること
※作品中の音楽等、制作者が著作権等を有しない素材を使用する場合は、必ず著作権を有する方または団体の許諾を得てから応募すること
【テーマ】
平和やSDGs
提出物
●作品
※言語:日本語/英語(日英以外の場合は英語字幕必須、日本語以外の言語の場合、できれば日本語字幕も付けること)
※フォーマット:mov/mp4/avi/mpegファイルのいずれか
※アスペクト比は16:9を推奨
※映像データはオンラインストレージにアップロードして送信、または各種メディアやハードディスクに記録して送付すること
※第三者の著作物を使用した場合は、著作者による利用承諾書を事務局まで郵送すること
※応募は一人2作品まで
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームより投稿
参加資格
世界中のすべての学生
参加費
無し
審査員
井上高志(株式会社LIFULL 代表取締役会長)
高橋克三(国際平和映像祭 理事)
丹下紘希(葡萄農家、人間見習い、映像作家)
西澤彰弘(東京テアトル株式会社 執行役員)
サヘル・ローズ(俳優、タレント)
結果発表
2024年9月16日、国際平和映像祭(UFPFF) 2024にて
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
ただし、国際平和映像祭の周知・宣伝等のため、Webサイトやプレス向け資料、パンフレット等で公開する場合あり
詳細は公式ホームページ内の応募要項を確認すること
主催
一般社団法人 国際平和映像祭、一般財団法人 PEACE DAY
提出先・問合先

公式ホームページ内の問合せフォームより