あと201

明日をひらく絵画 第39回 上野の森美術館大賞展

一言コメント
大賞賞金150万円、受賞者はギャラリーで展覧会開催

上野の森美術館では、日本の美術界の将来をになう、個性豊かな作家を顕彰助成する「上野の森美術館絵画大賞」を1983年に制定し、以来毎年作品の公募を行っています。
日本画・油彩・水彩・アクリル・版画などの素材の違いや、具象・抽象にかかわらず、既成の美術団体の枠を越え、21世紀にふさわしい清新な絵画作品を公募し、日本の美術界をになう有望な作家の積極的な参加を期待します。
応募された作品は厳正な審査を行い、絵画大賞、優秀賞を選出します。選出された入賞作家には、作家活動奨励のため、上野の森美術館ギャラリーにおいて翌年に入賞者展、絵画大賞受賞者は翌々年に個展開催の機会をそれぞれ設けています。
年齢や経験にとらわれない、力のある作品を奮ってご応募ください。
※7月13日付で、搬入について一部追記いたしました

締切
2021年02月25日 (木)
●業者搬入
2月23日11:00~16:00
●個人搬入
2月24日・25日 10:00~16:00
●上野の森美術館絵画大賞(1点) 賞金150万円、個展およびグループ展開催、賞状
●優秀賞(数点) 賞金50万円、グループ展開催、賞状
募集内容
日本画・油彩・水彩・アクリル・版画などの絵画作品
※過去2年間に制作し、公募展未発表の作品に限る
※卒業・修了制作展及び学内発表、個展・グループ展に出品した作品は可(受賞作品は除く)
※応募は一人3点まで

【展覧会】
会期:2021年4月29日~5月10日(予定)
会場:上野の森美術館
提出物
●作品
サイズはM50号(116.7×72.7cm)以上、S100号(162.1×162.1cm)以下
版画のみ162.1×162.1cm以内で下限なし
※水彩画・版画等でマットを使用する場合も、作品サイズは162.1×162.1cm以内に限る
※作品保護のため仮縁または額を使用すること(幅5cm以内)
※作品・仮縁または額の厚さ(奥行き)は20cm以内
※重さは、仮縁または額を含め20kg以内
※ガラスを使用した作品、ガラス入りの額は不可(アクリル板は可)
※作品が定型サイズではない場合、作品の面積が8484平方cm以上、2万6276平方cm以下で一辺の長さが170cm以内であれば可
●出品用紙
●出品料
参加方法
提出物を下記提出先まで直接搬入、または搬入・搬出取扱店にて委託搬入
※宅配便は不可
参加資格
不問
参加費
1点 1万5000円、2点 2万円、3点 2万5000円
※30歳以下は1点 1万円、2点 1万5000円、3点 2万円
審査員
赤塚祐二(武蔵野美術大学 教授)
O JUN(東京藝術大学 教授)
大津英敏(日本芸術院 会員、多摩美術大学 名誉教授、独立美術協会 会員)
西田俊英(日本芸術院 会員、武蔵野美術大学 教授、広島市立大学 名誉教授、日本美術院 同人・理事)
宮 いつき(多摩美術大学 教授、創画会 会員)
湯山俊久(日展 理事)
坂元暁美(上野の森美術館 学芸課長)
著作権の扱い
受賞作品の著作権および所有権は主催者に帰属
主催
日本美術協会 上野の森美術館、彫刻の森美術館、フジサンケイグループ
提出先・問合先

【出品用紙の申込先・問合先】
住所・電話番号・氏名を明記し、はがき/ファックス/メールのいずれかにて申し込み
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
上野の森美術館大賞展係
tel : 03-3833-4191(10:00~17:00) / fax : 03-3833-4193
mail : oubo_taishoten@ueno-mori.org
※8月中旬に配布開始
※美術館事務所、搬入・搬出取扱店、受付会場(搬入日のみ)でも入手可

【搬入先】
●業者搬入
〒121-0062
東京都足立区南花畑4-33-7
彩美堂 足立営業所
●個人搬入
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
上野の森美術館

関連記事