あと66

第22回 まちづくり・都市デザイン競技

締切
2020年02月14日 (金)
事前登録締切、必着
※作品提出は2020年02月28日(金)17時必着
●国土交通大臣賞(1点) 賞状、賞金50万円
●まちづくり月間全国的行事実行委員会会長賞(1点) 賞状、賞金25万円
●公益財団法人 都市づくりパブリックデザインセンター理事長賞(1点) 賞状、賞金15万円
●奨励賞(2点以内) 賞状、賞金10万円
●岡崎市長特別賞(1点) 賞状、記念品
募集内容
テーマにそった未発表の都市デザインおよび整備手法に関するアイデア
【対象地区】
愛知県岡崎市「岡崎城周辺地区」
【テーマ】
居心地が良く歩きたくなるまちなかからはじまる都市の再生
※50年後の岡崎城周辺地区のあるべき理想的な姿を描きつつ、10~20年後に実現すべき、持続可能なものである提案
提出物
●概要調書
※A4用紙 1枚
※登録番号を記載(記載方法は番号付与時に通知)
※提案の要旨を800字程度にまとめたもの(図表等も用いること)
●パネル 2枚
※A2ボードに張り付けたもの
※登録番号を記載(記載方法は番号付与時に通知)
※5mm厚程度のA2判ボード(420×594mm額縁なし、2枚)に以下のものを表現したもの
・対象地区の整備構想
・主要な提案空間のデザインイメージ
・実現化方策
●電子データ
※CD書き込み 1枚
※上記のデータファイルを書き込むこと
●著作者証(公式ホームページよりダウンロード)
※A4用紙 1枚
※学生は必ず学生証のコピーを添付すること
●応募図書の提出チェックリスト(公式ホームページよりダウンロード)
※A4用紙 1枚
※応募図書、応募登録、質疑等の文章は日本語によるものとする
参加方法
公式ホームページの応募登録申込フォームより登録
参加資格
日本国内に連絡先がある方に限る
※グループで応募する場合は、代表者の方が登録を行うこと
参加費
登録料
4000円
審査員
●審査委員長
西村幸夫(神戸芸術工科大学 教授、東京大学 名誉教授)
●委員
石川幹子(中央大学研究開発機構 教授、東京大学 名誉教授)
岸井隆幸(一般財団法人 計量計画研究所 代表理事、日本大学 特任教授)
高見公雄(法政大学 教授)
藤本昌也(建築家、日本建築士会連合会 名誉会長)
渡邉浩司(国土交通省都市局 市街地整備課長)
内田康宏(岡崎市長)
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
主催
まちづくり月間全国的行事実行委員会、公益財団法人 都市づくりパブリックデザインセンター
提出先・問合先

〒112-0013
東京都文京区音羽2-2-2 アベニュー音羽206号
公益財団法人 都市づくりパブリックデザインセンター TR係
tel : 03-6912-0799 / fax : 03-6912-0930
mail : info@udc.or.jp