募集終了

TOKYO POST CARD AWARD 2017

創業百余年の龍名館が、「TOKYO POST CARD AWARD 2017」を実施します。第5回目となる同アワードのテーマは、「東京ものがたり~TOKYO Story」。明るく魅力ある東京を、世界へ伝えるポストカードとしてデザインしてください。ポストカードは、ART RYUMEIKAN TOKYOのホームページ、またホテル龍名館お茶の水本店、ホテル龍名館東京の客室、パブリックスペースに無料配布し展開します。公募者7名を選出し、創作活動の支援、これからの芸術文化の振興と芸術家の育成を図れるキッカケにもなればと期待しています。

締切
2016年10月31日 (月)
作品提出・応募締切
●ART大賞(1名) 賞金20万円、龍名館グループホテル招待券、ポストカード制作、ホームページ掲載
●ART賞優秀賞(2名) 賞金5万円、龍名館グループホテル招待券、ポストカード制作、ホームページ掲載
●審査員特別賞(2名) 龍名館グループホテル招待券、ポストカード制作、ホームページ掲載
●龍名館特別賞(1名) 龍名館グループホテル招待券、ポストカード制作、ホームページ掲載
●お客様審査員賞(1名) 龍名館グループホテル招待券、ポストカード制作、ホームページ掲載
募集内容
テーマにそった未発表の作品
【テーマ】
「東京ものがたり~TOKYO Story~」
「東京」というキーワードを聞くと、皆さんはどのような風景を思い描くでしょうか。またその東京を舞台として、あなたがオリジナルの「ものがたり」を創るとしたら、それはどのようなものになるのでしょうか。そのものがたりで何を伝え、どのような描写になるでしょうか。
住んでいる地域や時代によってそれぞれのものがたりが。さらに東京に来たことがない方や外国人の方には想像のものがたりが。
あなただけの「東京ものがたり」を1枚のポストカードに表現してください。
提出物
●作品
※154×107mm、解像度350dpi
※フルカラーまたはモノクロ
※ai/jpeg/eps(Photoshop EPS形式のみ対応)/psd(「画像を統合」を必ずして一つのレイヤーにまとめること)、4つのファイル形式のいずれかで入稿すること
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
・年齢:18歳以上
・応募形式にそってデータ入稿をスムーズに出来る方(経歴、所属は不問)
参加費
無し
審査員
●審査委員長
芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)

●審査委員
浜田敏男(龍名館 代表取締役社長)
水野 豊(龍名館 ホテルレストラン事業部 取締役部長)
小林洋三(ホテル龍名館お茶の水本店 支配人)
和賀茂樹(ホテル龍名館東京 支配人)
勝俣ゆき子(ギャラリー園 代表)
花村周寛(大阪府立大学21世紀科学研究機構 准教授)
高野英江(川崎市岡本太郎美術館)
ART RYUMEIKAN TOKYO プロジェクトメンバー

※「龍名館特別賞」は社内投票形式にて審査
※「お客様審査員賞」は一般投票形式にて審査
結果発表
2017年3月初旬(予定)、授賞式・講評を開催
著作権の扱い
著作権は作者に帰属
主催
龍名館 ART RYUMEIKAN TOKYO プロジェクト
提出先・問合先

公式ホームページより

関連記事