募集終了

SMART ILLUMINATION AWARD 2018《展示参加》

一言コメント
スマートイルミネーション横浜2018で作品展示

「スマートイルミネーション横浜」は、2011年の東日本大震災をきっかけに生まれた、省エネルギーとアートが融合する新たな時代の横浜夜景の創出を目指して開催されている国際アートイベントです。
昨年の来場者は18万人を超え、2018年の開催で8回目となる横浜の秋を彩る定番イベントです。
「スマートイルミネーション・アワード」は、この主旨を踏まえ、未来の夜景を創造するアーティストの発掘を目的に開催されます。“世界に誇る、創造的横浜夜景”を演出する、環境技術の時代にふさわしい光のあり方、夜景のあり方を提案する意欲的な作品をお待ちしています。

締切
2018年07月31日 (火)
作品提出・応募締切 17:00まで
●最優秀賞(1組) 賞金10万円、表彰状、スマートイルミネーション横浜 2019にアーティストとして招聘
※同イベントの開催が決定した場合に限る
●奨励賞(2組) 賞金5万円、表彰状
募集内容
スマートイルミネーション横浜のコンセプトを踏まえた作品
※省エネルギーに配慮し、新たな時代の光を提案すること
※インスタレーション、メディアアート、ランドスケープデザイン、プロダクト、来場者参加型作品など形態は不問
※自重またはウエイトにより自立する作品に限る
※音が出る作品は、他の作品鑑賞に影響が出ない程度の音量とする
※未発表のオリジナル作品に限る
※詳細は公式ホームページを参照

【開催概要】
会期:2018年10月31日~11月4日
会場:象の鼻パーク
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
参加方法
提出物を下記提出先までメールにて送付、または郵送
※一次審査通過者は展示会場に作品を搬入
参加資格
不問
※一次審査通過者が対象の現地説明会および施工説明会に出席できる方
参加費
無し
審査員
岡田 勉(スマートイルミネーション横浜 2018 アートディレクター、スパイラル シニアキュレーター)
小泉雅生(建築家、小泉アトリエ・パートナー、首都大学東京大学院 教授)
清水克彦(横浜市文化観光局 文化芸術創造都市推進部長)
太刀川英輔(デザインストラテジスト NOSIGNER代表/創業者、慶應義塾大学 SDM 特別招聘准教授)
信時正人(スマートイルミネーション横浜実行委員会 委員長、横浜国立大学 客員教授)
結果発表
【一次審査】
2018年8月中旬、通過者に通知
【最終審査】
11月4日、表彰式にて発表
11月下旬、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
著作権は作家に帰属
主催
スマートイルミネーション横浜実行委員会
提出先・問合先

〒231-0062
横浜市中区桜木町2-2 港陽ビル9F
スマートイルミネーション・アワード 2018 事務局 TR係(株式会社ペッププランニング内)
mail : siy@pep-p.co.jp

関連記事