定番コンテスト
2016/04/01 9:30

登竜門がお勧めする定番コンテスト

登竜門がお勧めする定番コンテスト

「登竜門」がお勧めする “ 定番コンテスト ” 。ここではデザインとアートを中心に、皆様にお勧めしたい定番企画を過去のアーカイブと合わせてご紹介いたします。

【選考基準】

  • 3回以上継続企画であること
  • 応募者にとって、有益な企画であること
  • 社会的意義があること
  • クリエイターに影響力をもつ企画であること

TOKYO MIDTOWN AWARD デザインコンペ

カテゴリー:プロダクト・商品企画・家具/建築・インテリア・エクステリア/アイデア・企画/エンターテインメント
主催:東京ミッドタウン

2008年に開始。才能あるデザイナーやアーティストとの出会い、応援、コラボレーションを目指し、アートコンペとともに39歳以下を対象に作品を募集。受賞・入選後は東京ミッドタウンが実現化(商品化・イベント化等)を支援。「歌舞伎フェイスパック」「浮世絵ぷちぷち」などのヒット商品が生まれている。

» もっと詳しく


TOKYO MIDTOWN AWARD アートコンペ

カテゴリー:絵画・アート/映像・アニメ・デジタル/グラフィック・ポスター/工芸・ファッション・雑貨
主催:東京ミッドタウン

2008年に開始。街の開発コンセプトである「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を基軸テーマとし、デザインコンペとともに39歳以下を対象に作品を募集。入選者には制作補助金と展示スペースが提供され、受賞すると東京ミッドタウンが開催するイベントで発表の場が設けられる等の支援がある。

» もっと詳しく


KOKUYO DESIGN AWARD

カテゴリー:グラフィック・ポスター/プロダクト・家具/建築・インテリア・エクステリア
主催:コクヨ株式会社

商品化を目的の一つに据える、文具・家具が対象のデザインコンペ。2002年に始まり、毎年テーマを変えて実施。第1回目の受賞作品が大ヒット「カドケシ」となったことでも知られる。ファイナリストは審査員に直接プレゼンテーションするという運営方式を採用。近年は既存の文房具の枠組みを超えた提案も受賞している。

» もっと詳しく


ザッカデザイン画コンペティション

カテゴリー:工芸・ファッション・雑貨
主催:台東ファッションフェア実行委員会

ファッション業界を志すデザイナーを対象とするファッションアイテムのデザイン画コンペ。毎年、業界の有名バイヤーなどをゲスト審査員に迎えている。第23回から老舗百貨店「松屋銀座」バイヤーが審査する賞が加わり、受賞すると松屋銀座本店での販売機会が得られる。募集部門はクツ、カバン・バッグ、帽子、ベルト・サスペンダー、革小物の5つ。

» もっと詳しく


富山デザインコンペティション

カテゴリー:プロダクト・家具
主催:デザインウエーブ開催委員会 [富山県、富山市、高岡市]

商品化を前提に、富山県の地場産業の進行とデザイナーの支援を目的とし、1994年に始まったデザインコンテスト。美しさや機能性だけでなく、地場の技術を使った製法や価格、市場の開拓、流通システムなどの視点で審査。企業、デザイナー、主催者である富山県総合デザインセンターが協働し、これまでに30点以上を商品化している。

» もっと詳しく


学生限定・立体アートコンペAAC

カテゴリー:絵画・アート/建築・インテリア・エクステリア
主催:株式会社アーバネットコーポレーション

学生限定・立体アート限定のコンペティションで、2001年に始まった。マンション共用部分に設置する立体アートを募集している。書類審査の通過者には制作補助金などが支給され、最終審査では実制作した作品を展示場所に仮設置してプレゼンテーションする。最優秀作品は買い上げられて恒久展示されることが大きな魅力。

» もっと詳しく


シェル美術賞

カテゴリー:絵画・アート
主催:出光昭和シェル(旧・昭和シェル石油)

1956年に創設された現代絵画の賞。将来性ある才能の発掘を目的に、40歳以下を対象とする。2012年以降の作品展は国立新美術館で開催。受賞作家を対象にした制度「シェル美術賞アーティストセレクション(SAS)」では、展示機会を設けるなどの活動サポートも行っている。

» もっと詳しく


CSデザイン賞

カテゴリー:グラフィック・ポスター/プロダクト・家具/建築・インテリア・エクステリア
主催:株式会社中川ケミカル

カッティングシート®を使用したデザインビエンナーレ。1982年の第1回から多くのデザイナー・建築家の協力のもと開催している。実際の施工事例を対象にする「一般部門」と、<カッティングシート×デザイン>をテーマに、規定に添ったデザイン提案をする「学生部門」の2部門で構成される。

» もっと詳しく

関連記事