募集終了

FutureCity Yokohama スマートイルミネーション・アワード2015

「スマートイルミネーション横浜」は、長年にわたって優れた都市景観の形成に取り組んできた横浜都心臨海部を舞台に、新たな夜景の創造を試みるアートイベントです。スマートイルミネーション横浜2015ではアーティスト、デザイナー、学生など幅広い参加者が、スマートイルミネーションに作品を出品する「FutureCity Yokohama スマートイルミネーション・アワード2015」を開催します。
環境共生型の照明技術の新たな活用に繋がる、自由な発想による作品の応募をお待ちしています。

締切
2015年07月31日 (金)
作品提出・応募締切、17:00必着
【個人・グループ部門】
●最優秀賞(1点) 制作支援費50万円を支給、スマートイルミネーション横浜2016 招待作家として招聘
※スマートイルミネーション横浜2016の開催が決定した場合に限る
●入選作品(3点) 制作支援費10万円を支給
【学校部門】
●最優秀賞(1点) 制作支援費50万円を支給
●入選作品(3点) 制作支援費10万円を支給
募集内容
スマートイルミネーション横浜のコンセプトを踏まえた作品
(LED、有機EL、蓄光塗料、太陽光発電等、環境技術を活用した作品)

【審査基準】
(1)スマートイルミネーション横浜のコンセプトを踏まえた作品であるかどうか
(2) 制作者のオリジナリティが発揮されているか
(3)新しい照明技術、環境技術の活用について先駆的な取り組みとなっているか
(LED / 有機EL / 蓄光塗料 / 太陽光発電 / 環境技術を活用した作品。作品の商品化等が期待される作品)

※以下のポイントを満たす作品は特に高く評価します
・横浜の地域性、景観、都市文化等を活かした作品
・来場者の参加性がある作品
・作品が展示後ゴミにならない、またはリサイクルできる作品
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品の概要・イメージ/活動実績などに関する資料(A4サイズ、書式自由)
※インスタレーション、メディアアート、ランドスケープデザイン、プロダクト、参加型作品など表現方法は自由
※会場既存建物等に損傷のないプラン、現状復旧を前提としたプランとすること
※屋外会場への展示を希望する場合は、防水・漏電対策を徹底すること
※作品の制作、設置、撤去、運営及び会期中の作品管理は自己負担で行うこと
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送または持参
参加資格
【個人・グループ部門 】 学生、アーティスト・クリエーター、各種団体 他
【学校部門】大学、大学院、専門学校、研究室 他
※8/23、25日の2日間、象の鼻テラスで実施される現地説明会に参加可能な方
参加費
出展料 1万円
審査員
【一次審査】
岡田 勉 (スマートイルミネーション横浜2015 アートディレクター)
スマートイルミネーション横浜実行委員会事務局
【二次審査】
国吉 直行 (スマートイルミネーション横浜実行委員長)/審査委員長)
信時 正人(横浜市温暖化対策統括本部環境未来都市推進担当理事)
中山 こずゑ(横浜市文化観光局長)
髙橋 匡太(アーティスト)
岡田 勉 (スマートイルミネーション横浜2015 アートディレクター)
結果発表
一次審査(結果通知) 8月中旬
出展者決定 8月下旬
展示期間 10月30日(金)~11月3日(火・祝)

著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
スマートイルミネーション横浜 実行委員会
提出先・問合先

スマートイルミネーション横浜 実行委員会事務局
〒231-0002
横浜市中区海岸通4-24 創造空間 万国橋SOKO201
受付時間:平日 10:00-18:00
tel : 045-633-9660 / fax : 045-662-8224
mail : jimukyoku@hustle.jp

関連リンク

関連記事