あと27

第18回 shiseido art egg [PR]

シセイドウアートエッグは、新進アーティストのみなさまを応援する公募プログラムです。入選者3名(組)には資生堂ギャラリーでの個展開催の機会を提供します。アートのチカラによって未来の可能性をひらくチャレンジングな作品をお待ちしております。
資生堂ギャラリーは1919年の設立以来、「新しい美の発見と創造」という理念のもと活動を続け、ジャンルを問わず多くのアーティストを輩出してきました。2006年からは、新進アーティストを応援する公募プログラム「shiseido art egg」を開催しています。これまで延べ51名(組)の入選者が個展を開催し、その後もそれぞれが活躍の幅を広げています。
感染症や災害、AI技術の急激な進化などにより、世の中の変化を予測しにくいVUCA(ブーカ)な現代。私たちは、これまで疑いようのなかった既成概念や慣習の変化と向き合いながらも、美しく健やかな未来を願っています。shiseido art eggでは、こうした思いに共感し、人々に新たな美的経験をもたらす実験精神に満ちたアーティストを応援していきます。

締切
2024年06月20日 (木)
応募締切 17:00まで
●入選(3名/組) 作品制作補助費50万円、資生堂ギャラリーにて個展開催、ギャラリー担当キュレーターによる展覧会までのサポート ほか
●shiseido art egg賞(1名/組) 賞金20万円
募集内容
アートのチカラによって未来の可能性をひらくチャレンジングな作品
※作品のジャンルは不問
※資生堂ギャラリーの空間に即したオリジナルの展示、ほかの公募展等で入選していない作品、未発表作品(新作)を中心としたプランを応募すること
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※下記の必要事項を15ページ以内で明記
・応募者情報
・展示プラン(会場図面に記入)
・展示予定作品資料(作品のディテール、未発表作品〈新作〉か否か、展示方法、素材・サイズ/制作スケジュールを具体的に、3ページ以内)
・過去作品資料(過去作品や展示風景の様子など、これまでの活動がわかる写真や画像、10ページ以内)
※映像・サウンドの展示予定作品に加え、過去の作品など参考資料は、合計3点(1点3分以内)が提出可能
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※映像・サウンド作品はYouTubeに限定公開でアップロードし、応募用紙にURLを記入
※郵送、メールでの応募、応募書類データに不備があった場合は応募無効
参加資格
・国籍、年齢不問
・日本国内在住の方
・展覧会施工期間および開催期間中は日本に滞在し、資生堂ギャラリーでの施工に立ち合い可能であること
※グループ応募の場合、全員が応募資格を満たすこと
参加費
無し
審査員
伊藤俊治(美術史家、東京藝術大学名誉教授、資生堂ギャラリー アドバイザー)
光田由里(美術評論家、多摩美術大学教授、資生堂ギャラリー アドバイザー)
資生堂ギャラリー キュレーター
結果発表
【入選】
2024年8月頃、公式ホームページにて発表
【shiseido art egg賞】
2025年6月頃、発表
著作権の扱い
応募展示プランに関する一切の責任は応募者本人に帰属
主催
株式会社 資生堂
提出先・問合先

公式ホームページの応募フォームより提出
※メール、郵送での応募は無効
※詳細は公式ホームページを参照

関連リンク

関連記事