あと12

第82回 国際写真サロン

締切
2021年10月31日 (日)
作品提出・応募締切、必着
●審査委員特別賞(6点) 賞牌、3万円分のキヤノンオンラインショップクーポン(国内副賞)
●入選(94点) 賞牌
【U30部門】
●最優秀賞(1点) 賞牌、1万円分のキヤノンオンラインショップクーポン
●入選(5点) 賞牌
募集内容
独創性と芸術性に富む写真
※テーマは不問
※応募者本人が撮影し、著作権を有するオリジナル作品とする
※既発表の作品や他のコンテストに入賞した作品等も応募可、ただしそのコンテストの募集要項等に違反する場合は不可
提出物
●作品
※合成・加工・変形した作品の応募も可
※応募作品の既発表歴(コンテスト〈媒体〉名、賞名、入賞年度他)は、応募票の指定欄に記入すること
※カラーまたはモノクロプリントの単写真(組写真、パネル、台紙貼り不可)
※A4サイズのみ(余白・余黒を含む)とし、四つ切り、ワイド四つ切りは不可
※デジタル出力作品は、十分に乾燥させてから応募すること
※作品保護のため透明な袋に入れ、テープ使用の際は作品にテープの汚れがつかないよう注意すること
※作品裏面中央に応募票(公式ホームページよりダウンロード)を貼り付け
※応募は全日写連会員(Web会員含む)は15点まで、一般・30歳以下の学生は10点まで
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
【U30部門】
公式ホームページの応募フォームより投稿
参加資格
プロ・アマ不問
※U30部門は、日本国内に居住する1990年11月1日以降に生まれた方を対象とする
参加費
応募料
全日写連会員(Web会員含む) 2000円(税込)、一般 4000円(税込)
※応募点数に関わらない
※30歳以下の学生は無料(正式校名を記入/学校写真部で応募の場合のみ、顧問名も記入)
審査員
●審査委員長
田沼武能(全日本写真連盟会長、写真家)
●審査委員
安珠(写真家)
榎並悦子(写真家、全日本写真連盟 関東本部委員)
佐藤時啓(東京芸術大学美術学部 教授、写真家)
白鳥真太郎(日本広告写真家協会 会長、写真家)
朝日新聞社、全日本写真連盟関係者
結果発表
2022年2月上旬ごろ、朝日新聞紙上および全日本写真連盟の会報誌「フォトアサヒ」、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
受賞作品の著作権は応募者本人に帰属
主催
朝日新聞社、全日本写真連盟
提出先・問合先

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社
全日本写真連盟事務局内
「国際写真サロン」 TR係
tel : 03-5540-7413
mail : ajaps@photo-asahi.com