あと122

第21回 絵のまち尾道四季展

締切
2024年11月22日 (金)
作品提出・応募締切、必着※宅配搬入:2024年11月22日(金)10:00~16:00必着※直接搬入:2024年11月22日(金)~11月24日(日)10:00~16:00必着(時間厳守のこと)
●尾道賞(グランプリ)(1点) 賞金200万円
●小林和作賞(1点) 賞金30万円
●優秀賞(3点程度) 賞金10万円
●奨励賞(10点) 賞金5万円
●企業奨励賞(数点) 賞金5万円
●日本遺産のまち尾道賞(1点/上位賞に上乗せ) スポーツ飲料「しまなみウォーター」のラベルに作品画像を掲載
※尾道賞(グランプリ)は買上(著作権法に基づく権利を含む)とする
※秀作には記念品を贈呈
募集内容
テーマにそった絵画
※表現は具象・抽象不問、ただし、出品作品は他の公募展、個展等に出品していない未発表の作品に限る
【テーマ】
尾道の風景および風俗、祭り、行事、日本遺産構成文化財等でその特徴を取り入れた作品
提出物
●作品
※平面絵画作品で画面寸法が15号(長辺652mm)以上20号(長辺727mm)以下であること
※必ず、仮縁等の額をつけること(なるべく仮縁を使用し、装飾のあるものや剥離・破損しやすいもの、ガラス入りのものは不可/アクリルは可)
※額縁を付けた状態で、長辺が927mm以下であること
※額の裏に紐をつけて、展示可能な状態にすること
※作品は完全に乾燥させること
※作品裏面に氏名と作品名を記入すること
※応募は一人3点以内
参加方法
提出物を下記送付先まで直接または宅配搬入
参加資格
作品搬入時に満18歳以上の方
※高校生を除く
参加費
出品料1点 5000円、2点 8000円、3点 9000円
審査員
石川健次(美術評論家、東京工芸大学 教授)
奥山民枝(尾道市立大学 芸術文化学部 名誉教授)
島田康寛(美術評論家)
平松礼二(順天堂大学 客員教授)
福永 治(美術評論家、京都国立近代美術館 館長)
藤森兼明(日本芸術院 会員)
結果発表
2024年12月下旬、本人宛にハガキで通知
著作権の扱い
入賞・秀作作品の利用(著作権法に基づく権利の使用)は、絵のまち尾道四季展運営委員会に一任されたものとする
主催
絵のまち尾道四季展運営委員会
共催:広島県尾道市、尾道市教育委員会、尾道市立美術館、尾道商工会議所、尾道観光協会
提出先・問合先

【搬入先】
〒722-0032
広島県尾道市西土堂町19番1号
千光寺公園内 かおり館
【問合先】
〒722-0032
広島県尾道市西土堂町17-19
尾道市立美術館内
絵のまち尾道四季展運営委員会事務局
tel : 0848-23-2281 / fax : 0848-20-1682
mail : bijutsu@city.onomichi.hiroshima.jp