募集終了

nihonbashi β ~「未来ののれん」をデザインしよう~

一言コメント
ワークショッププログラムに参加する若手クリエイター募集!

若手クリエーターと日本橋をつなぎ、日本橋の未来をつくる共創プロジェクト「nihonbashi β」。

日本橋は今でも道路元標がある日本の道路の起点であり、ヒト・モノ・コトが行き交うはじまりの場として賑わってきました。この歴史ある交流の街と未来志向のクリエイターをつなぐ、新たなはじまりの場として「nihonbashi β」は始動します。「β」の文字には、前例のないチャレンジを歓迎する開かれた街でありたいという思いと、この日本橋から世界に羽ばたくクリエイターを生み出したいという希望を込めています。

日本橋の店舗・企業・人と一緒に、全く新しい発想で未来の日本橋の体験づくりに挑む、若手クリエイターの参加をお待ちしています。

未来の日本橋をデザインしよう。

※2018/7/6 参加資格、結果発表を追記しました

締切
2018年07月20日 (金)
応募締切
●合格者(約15名) 「nihonbashi β」ワークショッププログラムへの参加権
募集内容
新しい日本橋体験をつくるワークショッププログラムの参加者

【ワークショッププログラム第1回テーマ】
「未来ののれん」をデザインしよう

「のれん分け」という言葉があるように「のれん」は老舗店の象徴であり、日本橋の街並みの特徴になっています。日本橋の有名店の「のれん」を題材に、最先端のテクノロジーや自由なアイデアを掛け合わせ、来街者に新しい体験を提供するインスタレーションを制作します。ワークショップで生まれた作品は、日本橋の有名店内に実際に掲出し、「nihonbashi β 未来ののれん展」として大きく発表する予定です。

【ワークショップ講師(50音順)】
後藤映則(アーティスト/デザイナー)
中里唯馬(YUIMA NAKAZATO)
中村勇吾(tha ltd.)
西村真里子(株式会社 HEART CATCH)
朴 正義(Bascule Inc.)
矢後直規(SIX inc.)
山崎 泰(株式会社 JDN)
※今後追加予定
提出物
●ポートフォリオWebサイト
※自身の活動内容がわかるpdf(5MB以内)も可
※pdfの場合は応募フォームからアップロードすること
●作文課題「私ならこうする。新しい日本橋の魅力づくり」
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
35歳以下(学生も可)
※プロ・アマチュア不問
※全てのワークショップおよび関連プログラムに参加できる方(プログラム日程は公式ホームページ参照)
※メディア取材が入るため、氏名・顔写真・作品画像等が公開されることに同意できる方
参加費
無し
結果発表
2018年7月27日(予定)、合格者のみにメールにて連絡
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
nihonbashi β project
提出先・問合先

mail : info@nihonbashi-beta.jp

関連リンク

関連記事