あと50

憲法動画コンテスト ~伝えませんか?あなたの瞳に映る人権の姿~

締切
2019年11月05日 (火)
作品提出・応募締切、必着
【高校生以下の部】
●金賞(1作品) 表彰状、5万円分の図書カード、その他副賞
●銀賞(1作品) 表彰状、3万円分の図書カード、その他副賞
●銅賞(1作品) 表彰状、1万円分の図書カード、その他副賞
●入選(上限5作品) 表彰状、3000円分の図書カード、その他副賞
【大学生・社会人の部】
●金賞(1作品) 表彰状、10万円分の図書カード、その他副賞
●銀賞(1作品) 表彰状、5万円分の図書カード、その他副賞
●銅賞(1作品) 表彰状、3万円分の図書カード、その他副賞
●入選(上限5作品) 表彰状、3000円分の図書カード、その他副賞
募集内容
テーマにそった90秒以内の未発表動画
※応募者本人が撮影・作成したオリジナル動画に限る
※アニメーションやCG、写真・静止画の動画加工等も可
【テーマ】
「基本的人権の尊重」
※日本国憲法の基本原理の一つである「基本的人権の尊重」をテーマに、人権の大切さを分かりやすく表現する動画(ショートムービー)を自由に創作すること
【部門】
(1)高校生以下の部
(2)大学生・社会人の部
提出物
●作品のURL
※作品には、必ずタイトル(作品名)を付けること
※YouTubeに「限定公開」の設定でアップロードすること
※応募点数は無制限
参加方法
公式ホームページの応募フォームより投稿
※やむを得ない理由でYouTubeでの応募ができない場合に限り、郵送も可とする
(作品データを保存した記録媒体及び所定の応募票を同封し、封筒に「応募作品在中」と記載すること)
※詳細は公式ホームページを参照
参加資格
●募集要項の内容を理解した者
●YouTubeで応募の場合、動画投稿が可能なアカウントを保有している者(新規に取得したものでも可)
※本名による応募とする(匿名等での応募不可)
※グループで制作した作品の場合は、グループ名での応募を可とする(ただし、代表者名は必須とする)
※20歳未満の方が応募する場合は、保護者の同意を必要とする
参加費
無し
審査員
松島哲也(日本大学 芸術学部 映画学科 教授、日本映画監督協会 常務理事)
小口詩子(武蔵野美術大学 造形構想学部 映像学科 教授)
丹下紘希(映像ディレクター)
三上智恵(映画監督)
堀 潤(ジャーナリスト、「8bitNews」主宰)
青井未帆(学習院大学 教授)
菊地裕太郎(日本弁護士連合会 会長)
水地啓子(同憲法問題対策本部 本部長代行)
結果発表
2019年12月ごろ、公式ホームページおよび出版物等関連媒体等にて
著作権の扱い
応募作品の著作権は、応募者に留保される
ただし、応募者は、日本弁護士連合会に対し、利用範囲・期間・方法の制限なく、サブライセンスおよび譲渡の可能な利用権を無償で付与するものとする
主催
日本弁護士連合会
提出先・問合先

【問合先】
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館
日本弁護士連合会 人権部人権第二課
「憲法動画コンテスト」係
tel : 03-3580-9507

関連記事