あと15

第8回 医美同源デザインアワード

スペインでは患っていた人が病気治癒の感謝の気持ちを教会に示すために、ろうでかたどった体の一部を納める習慣があるといいます。どの国でもどの時代でも、人々は病気と共存しながら暮らしてきました。そして現在、医療に求めることがますます多様化し、患者さんが病院の“くらし”で求めるものも多様化していくと予想されます。
「医美同源デザインアワード」は病院にアートやデザインの視点を取り入れることで、より豊かな暮らし方を提案する場です。今年も「入院生活を豊かにするデザイン」を募集します。

締切
2023年02月15日 (水)
作品提出・応募締切、18:00必着
●22世紀医美大賞(1点) 賞金20万円、賞状
●22世紀医美部門別最優秀賞(2点) 賞金10万円、賞状
●22世紀医美優秀賞(6点) 賞金5万円、賞状
募集内容
入院生活を豊かにするオリジナルのデザイン
【部門】
・プロダクト部門:患者さんが手にしたり目にするプロダクト(衣類、食器、医療具、福祉用等)のデザイン
・コミュニケーション部門:患者さんと家族、友人、医師や看護師とのコミュニケーションへのデザイン
・空間部門:患者さんや家族・友人が過ごす病室や談話室、待合室などの空間デザイン
提出物
●応募者情報(公式ホームページよりダウンロード)
●解説文
※部門名・作品名を明記
※A3、3枚以内
※様式自由
●作品
※プロダクト部門:実物または模型
※コミュニケーション部門:画像またはイラスト、動画
※空間部門:模型またはイラスト、画像
※返却希望の場合は着払いにて返却
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
●審査委員長
秋元雄史(東京藝術大学 名誉教授、練馬区立美術館 館長)

●審査員
荒井利春(プロダクトデザイナー、Arai UD Workshop 代表、金沢美術工芸大学 名誉教授)
浦 淳(認定NPO法人趣都金澤 理事長、株式会社浦建築研究所 代表取締役)
水口克夫(アートディレクター、Hotchkiss 代表取締役社長、金沢美術工芸大学 客員教授)
菊地 勤(医師、医療法人社団博友会 理事長、公益社団法人石川県医師会 理事)
大谷千晴(公益社団法人石川県栄養士会 医療専門部 会長)
著作権の扱い
著作権は応募者に帰属
主催
一般社団法人菊地誠22世紀医美支援事業団
提出先・問合先

〒920-0993
石川県金沢市下本多町六番丁40番地1
株式会社ノエチカ TR係
tel : 076-223-3580 / fax : 076-223-3581
mail : info@noetica.co.jp

関連記事