募集終了

日本科学未来館 ジオ・コスモス コンテンツ コンテスト2015

ジオ・コスモス コンテンツ コンテストは、日本科学未来館のシンボル展示である「ジオ・コスモス」という球体ディスプレイの新たな可能性や表現方法を切り拓くことを目指して、平成26 年にスタートしました。第1回目の昨年は、67点の応募作品の中から5 点を選出し、うち2 点をジオ・コスモスの常設コンテンツとして上映しています。第2 回目の開催となる今回は、「地球の時間 –Time on the Globe-」をテーマに、15秒の映像コンテンツを募集します。

大賞に選出された作品は1 年間、ジオ・コスモスの常設コンテンツとして日本科学未来館で上映されます。
コンテンツクリエーションを通じた人と人との新たなつながりを生み出すことを視野に、未知の映像表現に挑む新たなコンテンツを広く募ります。

締切
2015年08月17日 (月)
作品提出・応募締切、18時まで
大賞 (1点) ジオ・コスモスの常設コンテンツとして1年間、日本科学未来館で上映
入選 (5点)
募集内容
日本科学未来館のシンボル展示である球体ディスプレイ「ジオ・コスモス」の新たな可能性や表現方法を切り拓く映像コンテンツ

【テーマ】
「地球の時間 –Time on the Globe-」
※毎正時に上映する15 秒の時報コンテンツ
※ジオ・コスモスの詳細は公式ホームページ参照
提出物
【一次審査】
(1)ストーリーやシーンの流れが分かるようにまとめた絵コンテ(様式自由、A3用紙タテ、1枚程度)
(2)ジオ・コスモスで上映した際のイメージが分かる画像またはスケッチ(1枚)
【本審査】
15秒の動画データ
参加方法
公式ホームページの応募フォームより投稿
参加資格
不問
※指定フォーマットで映像制作が可能な方
※詳細は公式ホームページ参照
参加費
無し
審査員
【審査委員長】
毛利 衛(日本科学未来館 館長)
【審査員】
インゴ・ギュンター(アーティスト)
小久保英一郎(天文学者)
ジェフ・ミルズ(DJ、テクノプロデューサー)
辻川 幸一郎(グラフィックデザイナー/映像作家)
長谷川 踏太(Wieden+Kennedy Tokyo エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター)
結果発表
9月初旬、応募者全員に結果を通知
10月初旬、ジオ・コスモスに作品を上映して審査
10月13日(火)日本科学未来館にて授賞式
※1次審査通過者には映像制作技術説明会を実施
※1次審査を通過し、コンテンツ制作を承諾して頂いた方には、制作費として20万円を支給
著作権の扱い
・一次審査通過者が本審査用に制作した映像作品の著作権は、日本科学未来館に帰属するものとします。
・ジオ・コスモスに表示された映像の静止画や動画等を、応募者がWeb等への掲載を希望する場合は、日本科学未来館への事前の申請が必要となります。
・応募時の作品データの著作権については原則として応募者に帰属します。ただし、日本科学未来館はジオ・コスモス コンテンツ コンテストの審査および受賞内容の告知・広報等の目的で、その情報を使用できるものとし、応募者はこれに同意するものとします。
・本コンテストを含め、日本科学未来館が主催、共催する活動において、作品を上映、放送、収録、編集、加工を行います。これらに関して応募者等は、著作権を行使しないものとします。これは日本科学未来館外での活動や、コンテンツ提供をする場合も含まれます。
・使用する楽曲等の音楽データの著作権について、本コンテンツのために新規に制作した場合または未発表の楽曲を使用する場合は、当該楽曲の著作権は当該楽曲の制作者に帰属します。ただし、日本科学未来館がジオ・コスモスコンテンツとして利用する場合については無償で利用できるものとします。
主催
日本科学未来館
提出先・問合先

日本科学未来館
ジオ・コスモス コンテンツ コンテスト 事務局
mail : gc3@miraikan.jst.go.jp

関連記事