あと44

映像ミュージアム公募展「MEC Award 2018」

一言コメント
「映像」の可能性に挑戦する作品を募集!入選作品展も開催!

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムでは、2012年から、映像表現の明日を担う才能を発掘、積極的にバックアップする公募展「MEC Award -Media Explorer Challenge Award-」をスタートさせました。
本年度も、新しい映像表現の可能性に果敢にチャレンジする、そんな勇気ある冒険者、探求者の作品を広く募集します。

締切
2017年11月30日 (木)
作品提出・応募締切、消印有効
●MEC Award 大賞(入選作品の中から1点) 彩の国ビジュアルプラザ内施設の無償利用権(100時間まで)(利用できる施設:HDスタジオ、映像ホール、編集室、MA室、レンタル機材、他)
●MEC Award 入選(5点) 「MEC Award 2018 入選作品展」にて展示
●SKIPシティCMコミッション(1名または1グループ) 入選者の中から1名または1グループにSKIPシティ映像ミュージアムがSKIPシティのCM制作を委託
※制作費として30万円を支給
※CM制作において彩の国ビジュアルプラザ内施設を無償利用可能
募集内容
15分以内の映像作品
※テーマおよびジャンルは不問
※展示形態は自由
※マルチチャンネルのプロジェクション、オブジェ等と組み合わせたインスタレーション作品も応募可
※既存の映像装置を使用していなくても、映像という概念に問いを投げかけるような作品やVRなどを使ったインタラクティブ作品も応募可
※2017年2月以降に完成または発表した作品に限る
※応募は一人(1グループ)2点まで
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品
※動画タイトルは応募の作品タイトルにすること
※動画は2018年3月11日まで削除しないこと
●画像(任意)
※A4プリントアウト1枚まで
参加方法
作品をYouTubeに限定公開でアップロードし、URLを記入した応募用紙等を下記提出先まで郵送
参加資格
日本在住の方
※国籍不問
2018年4月8日時点で35歳以下の方
※グループの場合はメンバー全員が条件を満たすこと
参加費
無し
審査員
●ゲスト審査員
菅野 薫(株式会社電通 CDC/Dentsu Lab Tokyo エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジスト)

●審査員
塩田周三(株式会社ポリゴン・ピクチュアズ 代表取締役)
四方幸子(キュレーター)
森 弘治(アーティスト)
結果発表
2017年12月(予定):資料審査(一次審査)
2018年1月(予定):資料審査会(二次審査)後、入選者にのみ2月上旬までに連絡
2018年3月17日~4月8日:MEC Award 2018入選作品展
2018年3月17日(予定):最終審査・授賞式
著作権の扱い
応募作品の著作権は作家に帰属しますが、広報・宣伝活動等に関する著作権使用の権利は主催者が有するものとする
主催
埼玉県
提出先・問合先

〒333-0844
埼玉県川口市上青木3-12-63
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム内
MEC Award事務局 係
mail : mec@skipcity.jp