あと9

令和元年度 キッチン空間アイデアコンテスト

一言コメント
「こんな人にこんなキッチンを伝えたい」作品を2テーマで募集!

キッチン空間は、調理、食事、食育、団らん、憩いの場として、暮らしの豊かさを実感できる中心的な空間になっています。
キッチンへの一般生活者の興味・関心が高まることや使いやすい快適なキッチン空間が普及することを目指して、「令和元年度 キッチン空間アイデアコンテスト」を開催します。
今年もテーマ部門は、「A:団らん・優しいキッチン空間」「B:暮らしが変わるキッチン空間」の二つ。キッチン空間に関するアイデアを込めた作品を奮ってご応募ください。たくさんのアイデアをお待ちしています。

締切
2019年09月30日 (月)
作品提出・応募締切、消印有効
●協会会長賞(1点) 賞金20万円
●部門賞(各1点) 賞金10万円
●優秀賞(Aテーマ部門:4点、Bテーマ部門:2点) 賞金5万円
●奨励賞(Aテーマ部門:10点、Bテーマ部門:5点) 賞金1万円
※賞の点数は変更の場合あり
募集内容
テーマにそったアイデア
【テーマ】
こんな人にこんなキッチンを伝えたい
A:団らん・優しいキッチン空間
B:暮らしが変わるキッチン空間
※Bは実際に施工したもので、リフォーム前後の写真と平面図が必要、新築物件も可
※応募は一人(1グループ)各部門1点まで
※メンバーが異なるグループであれば応募数は制限なし
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●作品
※厚さ2mm以下のA3用紙、片面
※具体的なデザイン・イメージをイラストや模型の写真、(自分がプランニングに関わった)実例写真で表現
※彩色したパース、スケッチ等の表現方法は不問、CAD・CGも可
※下記の必要事項を明記
1. 作品タイトル(15字以内)
2. 応募テーマ(Aテーマ、Bテーマ)
3. 作品コンセプト:「伝えたい相手」を想定して、キッチン空間に関するアイデアを誰がどのような時にどんなキッチンを使うのか、そしてどのような暮らしになるか、その内容を150字以内にまとめること
※折らず丸めず養生の上提出
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※作品の裏面右側に貼付
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームに登録し、提出物を下記提出先まで郵送または宅配便にて送付
参加資格
日本国内在住で日本語での各種連絡に支障がない方
参加費
無し
審査員
●審査委員長
上野義雪(上野研究室 主宰)

●審査員
西田恭子(日本女子大学 非常勤講師、文化学園大学 非常勤講師)
渋谷忠彦(公益社団法人インテリア産業協会 会長)
小泉祐一(公益社団法人インテリア産業協会 KS資格普及啓発委員会 委員長)
赤堀博美(赤堀料理学園 校長)
結果発表
2019年11月下旬までに入賞者へ通知
2020年1月下旬、公式ホームページにて発表予定
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
公益社団法人インテリア産業協会
提出先・問合先

〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4-4F(JDN内)
「キッチン空間アイデアコンテスト」事務局 TR係
tel : 03-5379-8600
mail : kitchen_r1@japandesign.ne.jp

関連記事