あと11

日本パッケージデザイン学生賞 2024《学生限定》

締切
2024年07月25日 (木)
作品提出・応募締切、17:00必着
●日本パッケージデザイン学生賞大賞(1名) 賞状
●金賞(2名) 賞状
●銀賞(2名) 賞状
●銅賞(2名) 賞状
●企業賞(若干名) 賞状
●審査員特別賞(若干名) 賞状
●佳作・入選(全体の30%前後を想定)
※審査員による協議の結果、作品応募状況や各賞に値する作品の有無により、贈賞数を変更する場合あり
※受賞作品はパッケージデザイン年鑑2025に掲載(2年分を一冊に掲載)を予定
募集内容
テーマにそったパッケージデザインのアイデア
※食品、菓子、飲料、化粧品、家庭用品、文具雑貨、医薬品、電気製品等、生活者向け商品のパッケージデザインを対象とする
※商品(内容物)のジャンルは不問
※応募にあたっては以下を厳守すること
・他の模倣や類似ではないオリジナル作品
・他の著作権、肖像権、工業所有権等を侵害していない作品
※応募作品は、応募者自身のオリジナルに限る
※プレゼンテーションシートで利用される画像・イラスト等が第三者の有する著作権・肖像権・商標権・意匠権等の権利を侵害する恐れのある場合は、応募者の責任において必要な許可を得た上で、応募すること
※公序良俗その他法令の定めに反する作品、誹謗中傷を含む作品、著作権その他第三者の権利を侵害している作品は不可
【テーマ】
かわる
提出物
●作品
※指定のフォーマット(A3/公式ホームページよりダウンロード)に作品のデザインや構造、機能、サイズ等がわかるスケッチを記すこと
※スケッチと文章は手描きでも、Illustrator等の描画ソフトを使用したものでも、実際にモックアップ(立体見本)を作成しそれを撮影した画像データを貼り付けても可
※制作意図が伝わるように、わかりやすく描くこと(横から見た図、上から見た図等、必要に応じて複数の角度からのスケッチを描くこと)
※10MBまでのpdfファイルでアップロードすること
※提出資料は原則として返却不可(必要な場合はあらかじめ控えを残した上で応募すること)
※複数作品を応募する場合は、エントリフォームから1作品につき1回ずつ、必要事項を記入して作品を送信すること(1回の送信で応募できるのは1作品のみ)
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームより投稿
参加資格
日本在住で応募時に大学・専門学校に在学中の学生でプロとして活動していない方
参加費
参加費1作品につき1100円
審査員
【一次審査員】
18名(JPDA学生コンペ委員会)
【決勝審査員】
●JPDA会員審査員
信藤洋二(JPDA理事長、資生堂クリエイティブ株式会社 クリエイティブディレクター)
小原 司(JPDA業務執行理事、味の素株式会社 コミュニケーションデザイン部 クリエイティブグループグループ長補佐)
三原美奈子(JPDA学生コンペ委員会担当理事、三原美奈子デザイン 代表)
森 孝幹(JPDA学生コンペ委員会担当理事、レガングループ 代表)
安達 晋(ハウス食品株式会社 食品事業本部事業戦略企画部 デザイン企画課長)
有田 賢(イオントップバリュ株式会社 パッケージ制作部長)
周 昕(DICカラーデザイン株式会社 クリエイティブディレクター、「アジアカラートレンドブック」 編集長)
田中彩華(株式会社ブラビス・インターナショナル クリエイティブマネージャー)
中村直継(株式会社インターブランドジャパン アソシエイトクリエイティブディレクター)
宮城愛彦(サントリーホールディングス株式会社 デザインセンター部長、シニアクリエイティブディレクター)
山口隼人(株式会社ユニック 代表取締役)
吉田 馨(ライオン株式会社 パッケージデザインディレクター、デザイナー)
●外部審査員
綾野裕次郎(穴吹デザイン専門学校卒 日本パッケージデザイン学生賞2023大賞受賞)
高田 唯(株式会社Allright 取締役、グラフィックデザイナー)
津田淳子(株式会社グラフィック社 「デザインのひきだし」編集長)
濵口屋有恵(株式会社Kontrapunkt Japan 代表)
八木 彩(アレンス株式会社 アートディレクター、クリエイティブディレクター)
結果発表
2024年11月上旬、全入賞者へメールにて通知
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
公益社団法人 日本パッケージデザイン協会(JPDA)
提出先・問合先

〒113-0033
東京都文京区本郷3-4-3 ヒルズ884ビル6F
公益社団法人 日本パッケージデザイン協会(JPDA)事務局
mail : gakusei@mail.jpda.or.jp