募集終了

日本弱視斜視学会総会 ロゴデザイン募集《学生限定》

日本弱視斜視学会は、60年以上にわたる歴史を持つ学会で、これまで特に弱視・斜視に関する原因、発見、診断、治療についての研究を支援してきました。会員は眼科医、視能訓練士、その他の視覚に関連する医師や研究者で、会員数は1600名にのぼります。
このたび、日本弱視斜視学会では学会のロゴデザインを公募します。市章・校章・徽章のような用途として、日本弱視斜視学会にふさわしい、深い思慮のあるデザインを募集。眼科・弱視・斜視・JASA・斜弱などをデザインテーマとした作品をご応募ください。
若い皆さんの作品が、斜視・弱視の未来をも一緒に広げていくことを願っています。
※9月25日付で応募締切りが延長になりました

締切
2019年10月15日 (火)
作品提出・応募締切、必着
●グランプリデザイン(1点) 賞金10万円、記念品
募集内容
日本弱視斜視学会のロゴデザイン
※眼科・弱視・斜視・JASA・斜弱・目・瞼・瞳・日本・学術・研究などをデザインとして取り込むこと
※正方形に収まりやすい形状とする
※未発表のオリジナル作品に限る
※応募は一人(1グループ)3点まで
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品
※A4サイズ(縦向き)
※Illustrator(CS6以上)でカラー・モノクロ版を作成し、イラストレーターデータ(epsまたはaiファイル)およびpdfファイルを提出
※横幅を1辺とする正方形内に作成
※色彩は自由
※図・文字の組み合わせ可(ロゴ化や、拡大・縮小の場合も考慮すること)
※文字のアウトライン化は最小限とする
参加方法
提出物を下記提出先までメールにて送付
参加資格
締切日時点で美術大学、デザイン専門学校に在学中の学生
※グループの場合は全員が在学中であること
※受賞者へ在学証明を求める場合あり
参加費
無し
審査員
●審査委員長
佐藤美保(日本弱視斜視学会 理事長、浜松医科大学 眼科学 教授)

●審査員
日本弱視斜視学会 理事会 メインデザイン選考委員会
結果発表
2019年11月、受賞者に通知予定
著作権の扱い
応募作品に含まれるすべての著作物の著作権(著作権法第21条~第28条)は主催者に譲渡する
著作権(著作権法第21条~第28条)を譲渡した著作物の著作者人格権(著作権法第18条~第20条)は行使しない
主催
日本弱視斜視学会
提出先・問合先

日本弱視斜視学会総会メインデザイン公募係 TR係
mail : 77jasa@jtbcom.co.jp

関連リンク

関連記事