あと2

トヨタ・モビリティ基金 Good Life on Earth

一言コメント
学生から気候変動を乗り越えるアイデアを募集し、実現をサポート

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation)は、「もっといいモビリティ社会」の実現に向け、様々な想いやノウハウを持った人々とともに、アイデアやソリューションの社会実装を目指すアイデアコンテスト「Make a Move PROJECT」をスタートしました。
本コンテストの第三弾として、「Good Life on Earth ~すべての生命が共存できる地球のために。」をテーマに、高校生・高等専門学校生および大学1・2年生、またはそれに相当する年齢の方を対象に、気候変動をはじめ危機的な状況を迎える地球を救うアイデアを募集します。
選考を通過された方は、2022年10月以降の4カ月をかけて、東京大学 One Earth Guardians育成プログラムとともに、応募いただいたアイデアをブラッシュアップし、年度末にその成果を発表いただきます。この発表での判断を経て、2023年度に大学研究室での社会実装に向けた活動にご参加いただきます。

締切
2022年08月18日 (木)
作品提出・応募締切、23:59まで
●選考通過 アイデアの実現をサポート
募集内容
あなたが夢中になれる“何か”を切り口に、地球上の「Good Life(生命、生活)」を叶え、気候変動などの地球の危機を救うアイデア
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●アイデアの提案
※あなたが夢中になり情熱を傾ける「○○」を切り口とした、地球の未来を救うアイデア
※500~1000字程度
※添付ファイルの提出も可
●アイデアへの想い
※あなたにとって「○○」とは何か
※200字程度
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
・高校生・高等専門学校生および大学1・2年生、またはそれに相当する年齢の方(応募年度末時点の年齢が原則として満16歳以上22歳以下)
・日本語を用いたコミュニケーションが可能であること
・オンラインの面接や講義等にアクセス可能な環境があること
・保護者の同意を得ていること(未成年者のみ)
・2022年10月8日~10日 キックオフへの会場参加が可能であること(場所:東京大学 弥生キャンパス・本郷キャンパス予定)
・2023年度以降、東京大学の研究室に参加して研究開発を行うことができる見込みであること
※選考通過者の活動参加にあたって移動や宿泊等にかかる費用は、原則として、一定の基準のもと支給される
参加費
無し
結果発表
2022年9月21日
著作権の扱い
プログラムでの活動を通して、魅力的な発明や創作等が生まれる可能性がある
これにより生ずる知的財産権の取り扱いは、参加者の活動を十分に尊重しつつ、東京大学その他の関係者の貢献が大きい場合には、その取り扱いについて誠実に協議する
主催
東京大学 One Earth Guardians育成プログラム
HLAB
Exa Innovation Studio
一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation)
提出先・問合先

Make a Move Project公募事務局
mail : info@mobility-contest.jp

関連記事