あと8

2022年度グッドデザイン・ニューホープ賞

一言コメント
学生・新卒者のデザイン活動を支援する新「グッドデザイン賞」

「グッドデザイン・ニューホープ賞」(GOOD DESIGN NEW HOPE AWARD)は、クリエイターを目指す各種専修専門学校・大学・大学院の学生、卒業・修了後間もないクリエイターを対象とする新しいデザイン賞です。
作品・プロジェクト・研究を審査・顕彰することにより、新たなクリエイティブ人材の発掘とキャリア蓄積を支援し、デザインを通じた新たな産業および文化の発展に寄与することを目的とします。

締切
2022年07月15日 (金)
作品提出・応募締切 13:00まで
●最優秀賞(1点) 賞金30万円、表彰状、記念品
●優秀賞(7点) 賞金5万円、表彰状、記念品
●入選
※特別賞を設ける場合あり
※該当なしの場合あり
募集内容
作品・プロジェクト・研究等で応募カテゴリーに該当するオリジナルのデザイン
【応募カテゴリー】
・物のデザイン
・場のデザイン
・情報のデザイン
・仕組みのデザイン
※2017年4月以降に制作した作品で、2022年12月3日の受賞発表日に公表できるものに限る
※応募は一人(1グループ)1点まで
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●作品情報・審査情報
・応募カテゴリー
・作品タイトル(50字以内)
・完成年月日
・応募作品区分
・指導教官名
・他の受賞歴など
・応募作品の概要(160字以内)
・デザインが生まれた理由/背景(400字以内)
・デザインを実現した経緯(400字以内)
・デザインの改良、類似デザインとの差異、実績など(400字以内)
・自由記入欄(400字以内)
●プレゼンテーションシート
※A1(片面、縦向き、1枚)に作品の概要をまとめたもの
※500MB以内のpdfファイル
※作品タイトルおよびコンセプトを明記
※その他、説明に必要な要素は自由に追加
※使用言語は日本語に限る
●補足資料(任意)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※一次審査通過者はプレゼンテーション等を実施
参加資格
2022年4月1日時点で個人またはグループの全員が日本国内の各種専修専門学校・大学・大学院に在籍しているか、2021年6月以降に卒業・修了した方
※グループ応募の場合は全員の同意が必要
参加費
無し
審査員
●審査委員長
安次富 隆(プロダクトデザイナー、ザートデザイン 取締役社長、多摩美術大学 プロダクトデザイン専攻 教授)

●審査副委員長
齋藤精一(クリエイティブディレクター、パノラマティクス 主宰)

●審査委員
安西葉子(デザイナー、DRILL DESIGN)
小倉良介(プロダクトデザイナー、富士フイルム株式会社)
山出淳也(アーティスト、Yamaide Art Office株式会社 代表取締役)
工藤桃子(建築家、MMA Inc.)
佐々木康晴(クリエイティブディレクター、株式会社電通 執行役員)
河原香奈子(デジタルプロダクトデザイナー・ディレクター、株式会社Takram)
林 千晶(プロジェクトマネージャー、株式会社ロフトワーク 共同創業者)
秋吉浩気(建築家、メタアーキテクト、VUILD Inc.)
結果発表
【一次審査】
2022年10月20日頃、通過者に通知
【最終審査】
12月3日開催予定の表彰式および公式ホームページにて発表
※受賞者は発表前に通知
著作権の扱い
応募対象に関するすべての知的財産権は応募者に帰属
主催
公益財団法人日本デザイン振興会
提出先・問合先

公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン・ニューホープ賞事務局
mail : newhope_award@g-mark.org

関連記事