募集終了

CREATIVE HACK AWARD 2018

一言コメント
数々のクリエイターを輩出してきたWIRED主催アワード!

世界をリードするイノヴェイションメディア「WIRED」日本版は、今年で6年目を迎えるクリエイティヴアワード「WIRED CREATIVE HACK AWARD」を、ソニー株式会社と株式会社ワコムとともに開催します。
既成概念(=常識/バイアス)をハックし、クリエイティヴの「新しい領土」を生み出すクリエイターを送り出すべく2013年にスタートしたCREATIVE HACK AWARDは、テーマも表現形式も自由。「なにを、なぜ、いかにハックしたか」ということを明記することが応募条件となります。世界中からの応募をお待ちしています。
※10月2日付で応募締切りが再度延長になりました
※9月25日付で応募締切りが延長になりました

締切
2018年10月08日 (月)
作品提出・応募締切
●グランプリ(1組)
●準グランプリ(1組)
●特別賞(3組)
●パブリック賞(1組)
●ソニー賞(1組)
●ワコム賞(1組)
※各賞に豪華副賞を用意、詳細は公式ホームページを参照
募集内容
「ハック」をかたちにしたもの(または、そのアイデア)
※テーマ・表現形式は自由
※法人としての応募は不可
※クライアントワークとしての作品は応募不可
※既に発表した作品でも他のクライアント主催のアワード受賞歴がない場合は応募可
※キャンペーン、広告、CMなど、第三者のプロモーション目的で制作発表した作品は応募不可
※応募は一人(1グループ)5点まで
提出物
●作品
ドキュメント(PDF形式のみ)または動画
※郵送での受付は不可、必ず応募ページの専用フォームから応募すること
※ドキュメントの容量は100MB以下とする
※動画作品の場合は必ずYouTubeにアップロードすること
※YouTubeのプライバシー設定を「限定公開」にし、「作品アップロード」の入力フォームにURLを入力すること
※その他の詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
齋藤精一(ライゾマティクス 代表取締役)
笠島久嗣(イアリンジャパン 取締役)
水口哲也(エンハンス 代表)
佐々木康晴(電通 第4CRプランニング局 局長)
クラウディア・クリストヴァオ(Head of Brand Studio APAC at Google)
福原志保(バイオアーティスト)
長谷川 豊(ソニークリエイティブセンター センター長)
松島倫明(「WIRED」日本版 編集長)
著作権の扱い
作品の著作権は制作者に帰属するが、入賞作品はWebサイトなどでの公表や今後の本アワードのマーケティング活動に使用できるものとする
主催
WIRED(コンデナスト・ジャパン)
提出先・問合先

公式ホームページより

関連リンク

関連記事