募集終了

国際家具デザインコンペティション旭川 2017

新しい生活文化の提案と発信を目的として、1990年から3年ごとに開催している「国際家具デザインフェア旭川(IFDA)」は、世界中のデザイナーと家具産地旭川にとって、より親密な国際的交流を図る場として定着しました。作り手、使い手双方から愛され、旭川家具として末永く生き続けていくような素晴らしいデザインをお待ちしています。

締切
2016年10月31日 (月)
作品提出・応募締切・必着
●ゴールドリーフ賞 (1点) 賞金300万円
●シルバーリーフ賞 (1点) 賞金100万円
●ブロンズリーフ賞 (2点) 賞金50万円(1点につき)
●メープルリーフ賞※ (1点) 賞金100万円(特別賞)
●長原 實賞 (1点) 賞金100万円(特別賞)
※メープル材を主材料として生かした優秀な作品に与えられる特別賞
募集内容
木製家具のデザイン
※新たに創作された未発表作品(キャビネット、テーブル、椅子、その他)のみを対象とする
※未発表作品とは、本審査結果発表の時点で「製品化されていないこと」「Web・新聞・雑誌・展示会及び他のデザインコンペで公表していないこと」を指す
※学生の作品展示会での発表は未発表として扱う
※同時期に行われる他のデザインコンペへの重複応募不可
※「木製」とは、主要な素材が木材であることを意味する
※応募点数の制限なし
提出物
【インターネットによる応募】
●作品画像(「モデルの実写」または「CG」)
※画像ファイル形式:JPEG形式
※画像ファイル容量:1枚につき最大500KBまで
※画像枚数:応募作品1点につき6枚以内
※画像サイズ:高さ640×幅480px以内
【郵送による応募 】
●応募用紙
●応募作品のカラープリント(L判サイズ・概ね90×130mm)
※プリントの枚数:応募作品1点につき6枚以内
※応募作品のプリントは返却不可
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより、または提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
不問
参加費
インターネットによる応募:1点につき5,000円
郵送による応募:1点につき6,000円
審査員
●審査委員長
五十嵐 威暢(彫刻家・デザイナー・多摩美術大学名誉教授)
●審査委員
川上元美(デザイナー)
深澤直人(プロダクトデザイナー)
ニルス・ホルガー・モーマン(ドイツ・デザイナー)
グニラ・アラード(スウェーデン・デザイナー)
アン・ルイス・ソマー(デンマーク・デザインミュージアムデンマーク館長)
パトリック・シア(シンガポール・デザイナー)
桑原 義彦(国際家具デザインフェア旭川開催委員会会長)
結果発表
●予備審査
応募者全員にEメール又は文書で2016年12月中旬までに通知
●本審査
入選候補者全員にEメール又は文書で2017年3月下旬までに通知
著作権の扱い
応募作品の著作権及び産業財産権に関する権利はすべて応募者側にあります
入賞・入選作品の「国際家具デザインフェア旭川2017」及びこれに関連する催しについての展示ならびに印刷物への掲載、広報に関する権利、商品化する場合の優先交渉権は主催者側にあります
主催
国際家具デザインフェア旭川開催委員会
提出先・問合先

【提出先・問合先】
〒079-8412
北海道旭川市永山2条10丁目
旭川家具工業協同組合内
国際家具デザインフェア旭川開催委員会 TR係
tel : 0166-47-0655 / fax : 0166-48-4749
mail : ifda-j@asahikawa-kagu.or.jp

関連記事