募集終了

Adobe MAX CHALLENGE

Adobe MAXのロゴをモチーフにしたオリジナル作品で勝負する、誰もがクリエイターになれるコンテスト「MAX CHALLENGE」を実施します。
恒例の「グラフィック部門」「モーション部門」に加え、コンバースとコラボした「スニーカー部門」を新設。応募作品の中から、2018年11月20日にパシフィコ横浜で開催されるクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX Japan 2018」の会場スクリーンに投影されます。また、各部門のグランプリは、Beer Bashで発表され、副賞として豪華商品もプレゼントされます。スニーカー部門のグランプリに選ばれたデザインは、実際のコンバースのスニーカーになって受賞者に贈呈される予定です。
ぜひ、クリエイティブを足元から覆すようなオリジナリティあふれる作品をご応募ください。

締切
2018年10月28日 (日)
作品提出・応募締切
●グランプリ(各1名) 副賞
※スニーカー部門はコンバースのスニーカーを贈呈
募集内容
Adobe MAXのロゴをモチーフにしたオリジナルの作品
【部門】
・グラフィック部門
・モーション部門
・スニーカー部門
※テーマは自由
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●作品
※公式ホームページよりテンプレートファイルをダウンロードし作成
※1920×1080ピクセル(72dpi)の画像
※GIFアニメーションは最大5秒まで
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
1. 提出物をBehanceにアップロード
※「プロジェクト設定」にある「見つけられやすさ」の「キーワードを追加」にハッシュタグ「#AdobeMAXJapan」をつけること
※「プロジェクト設定」の「基本情報」にある「クリエイティブ分野」を最低一つ選び、「プロジェクトのタイトル」と「使用ツール」を記載
2. アップロード後に表示される「作品を宣伝する」からTwitterを選択、または自身のTwitterアカウントにBehanceのURLとハッシュタグ「#AdobeMAXJapan」をつけツイート
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
【グラフィック部門】
有馬トモユキ(日本デザインセンター アートディレクター)

【モーション部門】
田島太雄(TANGRAM ディレクター兼映像作家)

【スニーカー部門】
深津貴之(インタラクション・デザイナー)
結果発表
2018年11月20日、「Adobe MAX Japan 2018」にて発表
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
アドビ システムズ株式会社
提出先・問合先

公式ホームページより

関連リンク

関連記事