あと36

公益財団法人交通事故総合分析センター 設立25周年記念懸賞論文

締切
2017年06月30日 (金)
作品提出・応募締切、消印有効
●最優秀賞(1編) 賞状、賞金20万円
●優秀賞(2編) 賞状、賞金10万円
●特別奨励賞(数編) 賞状、賞金5万円
※入選者が高校生以下の場合は、各賞共通で、賞状および5万円相当の図書カードとする
※優秀賞以上の受賞者には、読売新聞社賞を贈呈
募集内容
テーマにそった論文
【テーマ】
今後の道路交通安全対策はいかにあるべきか ~世界一安全な道路交通社会の実現に向けて
提出物
●作品
※パソコン(ワープロ)で作成する場合の書式は、A4版縦(横書き)、35字×30行、文字サイズは12ポイント(書式厳守)
※市販の原稿用紙を利用する場合は、A4版、400字詰めとし、黒インクの筆記用具(万年筆、ボールペン等)を使用すること(横書きでも縦書きでも可)
※用語の統一、パソコン(ワープロ)利用による語句の変換ミスには留意すること
※原稿の総字数は、一般8000~1万2000文字、高校生以下2000~1万2000文字(字数厳守)
※統計、図、表は字数に含まず、必ず目次およびA4版1枚程度の要約を付けること
※以下の事項を記入すること
住所(フリガナ、郵便番号)・電話番号(自宅・携帯電話/ファックス・メールがある場合は番号やアドレスを明記)・氏名(フリガナ)・年齢・性別・職業等(勤務先・役職名または学校名・学部・学年等)・論文のテーマ(個別的な論点に応じたテーマで可)
※応募論文が未発表のものであることを示すために、「この論文は、未発表のものである。」と明記
※他の著書、論文等を引用した場合は、引用部分にその出典を明記し、論文最終頁に資料名・発行年・発行者等を、またインターネットで資料を収集した場合は、当該サイトのURLを論文最終頁に明記
※年数を記載する場合は、元号/西暦を統一すること(引用資料にある場合は資料記載による)
※応募は一人1編
参加方法
提出物を下記提出先まで書留扱いにて郵送
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
石川 正(公益財団法人 交通塩総合分析センター理事長)
櫻澤健一(警察庁交通局交通企画課長)
鈴木春男(千葉大学名誉教授)
近森 順(公益社団法人 自動車技術会名誉会員)
原口隆則(読売新聞東京本社社会部長)
平井隆志(国土交通省自動車局安全政策課長)
金子 健(内閣府共生社会政策担当付参事官<交通安全対策担当>)
森山誠二(国土交通省道路局環境安全課長)
吉本堅一(東京大学名誉教授)
結果発表
2017年10月上旬、読売新聞にて
著作権の扱い
応募論文の著作権は、公益財団法人 交通事故総合分析センターに帰属
主催
公益財団法人 交通事故総合分析センター
提出先・問合先

【送付先】
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-7-8 住友水道橋ビル8階
公益財団法人 交通事故総合分析センター
「25周年記念論文担当」 TR係
【問合せ先】
fax : 03-5577-3980
mail : koho@itarda.or.jp