あと18

第35回 四日市文芸賞

締切
2019年09月06日 (金)
作品提出・応募締切、消印有効
●小説・評論・ドラマ部門 優秀賞(1名以内) 賞金10万円
●小説・評論・ドラマ部門 奨励賞(2名以内) 賞金1万円
●児童文学部門 優秀賞(1名以内) 賞金3万円
●児童文学部門 奨励賞(2名以内) 賞金1万円
●エッセイ部門 優秀賞(3名以内) 賞金2万円
●エッセイ部門 奨励賞(5名以内) 賞金5000円
●ジュニア 小説部門 優秀賞(1名以内) 2万円分の図書カード
●ジュニア 詩部門 優秀賞(2名以内) 1万円分の図書カード
●ジュニア 奨励賞(小説・詩合わせて5名以内) 5000円分の図書カード
募集内容
未発表オリジナルの文学作品
※他の文学賞への重複応募、および同人誌に掲載された作品は応募不可
※過去に本賞にて優秀賞を受賞した部門での応募は不可、ただし部門が異なれば可(小説・評論・ドラマは各々別の部門とする)
【部門】
(1)小説・評論・ドラマ部門
(2)児童文学部門
(3)エッセイ部門
(4)ジュニア 小説部門
(5)ジュニア 詩部門
提出物
●作品
※作品には以下の事項を記入した表紙を付けること
応募ジャンル/部門・作品名(フリガナ)・400字詰め原稿用紙に換算した枚数・氏名(ふりがな/筆名〈ペンネーム〉で応募する場合は、必ず本名も併記すること)・年齢・職業(勤務先、学校名/学年)・郵便番号・住所・電話番号
※手書きの場合はA4サイズの400字詰め原稿用紙に読みやすい字で、黒いインクまたは濃い黒鉛筆にて縦書き
※パソコンで原稿を作成する場合、用紙サイズをA4に設定し、縦書きで読みやすいレイアウトで作成、doc/docx/txtファイルのみとする
※メールでの応募の場合は、原稿データの1ページ目に表紙の情報を入れ、本文は2ページ目から開始すること
※原稿には通し番号(ページ番号)を入れること(表紙は含まない)
【小説・ドラマ部門】
※枚数は400字詰め原稿用紙50枚以内とする
※ドラマ部門には戯曲、放送劇、オペラ台本を含む
【評論部門】
※枚数は400字詰め原稿用紙30枚以内とする
※内容は文芸・美術・歴史等、人文関係の評論とすること
【児童文学部門】
※枚数は400字詰め原稿用紙20枚以内とする
【エッセイ部門】
※枚数は400字詰め原稿用紙5枚以内とする
【ジュニア 小説部門】
※枚数は400字詰め原稿用紙20枚以内とする
【ジュニア 詩部門】
※枚数は400字詰め原稿用紙3枚以内とする
※応募は一人1点までとする
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくはメールにて送付
※メールでの応募の場合は、件名を「四日市文芸賞」とすること
参加資格
三重県内に在住・在勤・在学の方
※ジュニアの部への応募は中学生以下に限る
参加費
無し
審査員
衣斐弘行(文芸評論家)
梅山憲三(詩人)
国府正昭(作家)
戸田真樹(文芸評論家)
中山みどり(作家)
結果発表
2019年11月上旬までに、応募者全員に結果を通知
著作権の扱い
受賞作品の著作権、版権は公益財団法人 四日市市文化まちづくり財団に帰属
主催
公益財団法人 四日市市文化まちづくり財団
提出先・問合先

【送付先】
〒510-0075
三重県四日市市安島2丁目5番3号
四日市市文化会館
「四日市文芸賞」 TR係
mail : oubo2@yonbun.com
【問合せ先】
公益財団法人 四日市市文化まちづくり財団
tel : 059-354-4501