あと4

「東京地下ラボ by 東京都下水道局」~下水道の魅力を、クリエイティブの力で若者が再発見~《学生限定》

一言コメント
講師陣に中島信也、齋藤精一らを迎え、動画を制作!参加者募集!

みなさんが考える下水道とはどのようなものですか? 汚い、臭い、そもそも考えたことがない。そんなイメージを打ち破り、新しい視点で下水道を見てみよう。それが『東京地下ラボ』です。平成30年度では、下水道×サンドイッチ、下水道×ファッションなどをテーマに雑誌(ZINE:ジン)を制作しました。そして今年度は、その第二弾として下水道の魅力を伝える『動画』を制作します。
本プロジェクトは、有名クリエイターの講義やアイデアブレスト、また船で隅田川~東京湾を巡るフィールドワークなど、半年間コンテンツが盛りだくさん!また、優れた動画作品は東京都下水道局の広報ツールとして、広く発信する予定です。東京地下ラボのメンバーになってみませんか?

締切
2019年07月23日 (火)
応募締切
●採用(30名程度) 若者向け東京下水道発信プロジェクト「東京地下ラボ」の参加権
募集内容
プロジェクト「東京地下ラボ by 東京都下水道局」の参加者

【内容】
●学ぶ
1. ワークショップ 2019年8月20日(火):東北新社取締役/CMディレクターの中島信也さんから、新しい視点の持ち方やアイデアを形にするための方法などを学習
2. フィールドワーク 2019年8月26日(月):下水道施設見学や、プロ・ナチュラリストの佐々木洋さんから東京湾の自然を通して、下水道の働きを学習
3. 講演会 2019年10月17日(木):ライゾマティクスアーキテクチャー齋藤精一さんとNOSIGNER・太刀川英輔氏を迎え、都市・デザイン・未来などをテーマに今後の下水道の可能性のアイデアブレスト

●作る
1. 動画制作打ち合わせ 2019年9月末
2. 動画制作 2019年9月末~12月末
※期間内に各グループでスケジュールを作成し、動画(原則30秒以内)を制作

●発表
成果報告会 2020年2月12日(水):制作した動画を発表、ほか
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●必要事項
1. 氏名・ふりがな
2. メールアドレス
3. SNSアカウント
4. 学校名・学部・学科・学年
5. 年齢
6. 関心がある分野
7. スキル
8. 使えるソフト
9. 本プロジェクトを知ったきっかけ
10. 参加動機や意気込み
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
●大学生・大学院生・専門学生・高専生
●プロジェクト全日程に参加できる方
●下記の条件に当てはまる方
・動画制作に興味がある方
・モノゴトの新しい魅力を探し出すのが好きな方
・SNSで情報発信することに興味がある方
・水環境問題、都市インフラ、地域活性化に関心がある方
・SDGs(持続可能な開発目標)等の社会課題に関心がある方
・学外の新しい仲間と関わって何かを作りたいと思っている方
・第一線で活躍するクリエイターや専門家から直接知識を学びたい方
・行政の事業に携わってみたい方
参加費
無料
※現地までの交通費は自己負担
※動画制作の際に発生する活動費は一部補助(ソフト使用代金や備品購入など/上限あり)
審査員
●講師
中島信也(株式会社東北新社 取締役/CMディレクター)
佐々木 洋(プロ・ナチュラリスト®)
齋藤精一(ライゾマティクスアーキテクチャー 代表)
太刀川英輔(NOSIGNER 代表)
結果発表
2019年8月5日以降、採用者に通知
著作権の扱い
制作した写真や作品等の著作権は、東京都下水道局に帰属
※個人情報は個人情報保護法に則って管理の上、参加者への連絡、広報活動への協力を依頼する目的以外には使用しない
主催
東京都下水道局
提出先・問合先

【問合先】
東京地下ラボ事務局
tel : 03-3263-5628 / fax : 03-3263-5623
mail : tokyogesuido@prk.co.jp

関連記事