募集終了

TERRADA ART AWARD 2023

一言コメント
開花する現代アートの新しい才能:5組に賞金300万

「TERRADA ART AWARD」は、若手アーティストの支援を目的とした現代アートアウォードです。審査は作品内容、展示プランの精査を経て、ファイナリストを選出。ファイナリストには制作費の支援としての賞金、および当社施設での展示機会を提供します。
私たちはTERRADA ART AWARDを通して、アーティストが活躍できる社会を紡ぐとともに、これからのアート業界を牽引する可能性を秘めたファイナリストが、自身の、そして日本のアートシーンの前例を超え、世界に羽ばたき、その存在意義を確立できるまでのキャリアを全力で支援します。

締切
2023年01月31日 (火)
応募締切 18:00まで
●ファイナリスト(5組) 賞金300万円、寺田倉庫施設内の特設展示スペースにて作品発表
募集内容
現代アート全般(絵画等の平面、写真、立体〈オブジェクト〉、テキスタイル、映像、デジタル・メディアアート、パフォーマンスなど身体表現、音または音楽などすべての媒体を含む)
※応募は一人(1ユニット)1件まで
※詳細は公式ホームページを参照

【開催概要】
会期:2024年1月10日~28日
会場:寺田倉庫 特設展示スペース
※ファイナリスト5組の作品を展示
提出物
●基本情報
※アーティスト名またはユニット名、年齢、最終学歴、住所、メールアドレス、電話番号、代表的な作品画像、作品の種類
●略歴(公式ホームページよりダウンロード)
※作家としての活動歴、展示発表歴
●応募者コメント(同上)
●ポートフォリオ(同上)
●過去に掲載された記事など、活動をアピールできる書類(同上)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※一次審査通過者はファイナリスト展の展示プランおよび予算書を提出
※ファイナリストはファイナリスト展の展示作品(新作1点)を制作
参加資格
・日本語でのコミュニケーションが可能な方
・個人またはユニット、1個人または1ユニットにつき1件の応募とする
・応募開始時点で18歳以上45歳未満の方(ユニットの場合 代表者の方)
・2023年12月から2024年1月に実施予定のファイナリスト展(設営・撤収含む)および授賞式に参加できる方
・これまでTERRADA ART AWARDでファイナリストとして選出されていない方
参加費
無し
審査員
●一次審査員
池城 良(アーティスト、ミュージシャン、研究者、香港城市大学 クリエイティブメディア学部 助教授)
大巻伸嗣(美術作家)
木村絵理子(横浜美術館 主任学芸員)
高橋龍太郎(精神科医、現代アートコレクター)
竹久 侑(キュレーター、水戸芸術館現代美術センター 芸術監督)
椿 玲子(森美術館キュレーター)

●最終審査員
金島隆弘(アートプロデューサー、京都芸術大学 客員教授)
神谷幸江(美術評論家、キュレーター)
寺瀬由紀(アートインテリジェンスグローバル ファウンディング・パートナー)
真鍋大度(ライゾマティクス ファウンダー、アーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ)
鷲田めるろ(十和田市現代美術館 館長)
結果発表
2023年9月11日、ファイナリストを発表
著作権の扱い
応募作品および受賞作品(※)の所有権および著作権は応募者に帰属するものとする
※ファイナリストに選ばれたアーティストがファイナリスト展のために制作した新作のこと
主催
寺田倉庫株式会社
提出先・問合先

事務局
mail : award@terrada.co.jp
※件名は「【お名前】TAA2023質問」とする
※公式ホームページの「よくある質問」を確認のうえ、お問合せください

関連記事