あと56

高岡クラフトコンペティション 2019

一言コメント
分野を問わないコンペ、人の手と工夫、素材を活かしたクラフトを

「高岡クラフトコンペティション」は、伝統工芸産地発の全国公募展として、1986年より産地プロモーションと地場産業の活性化を目的に生まれ、今回で33回目を迎えます。
今、私たちが考える「クラフト」とは、素材の特性を活かした人の手と工夫による創造行為です。社会をより豊潤な未来へ導くような作品を求め、高岡から発信していきます。
今年のテーマは昨年同様「抱擁」です。実験的、体感的、今まで見落としていた有益性、今まで見えているようで見えていなかった視点を発見してください。様々な角度からの作品をお待ちしています。

締切
2019年07月21日 (日)
事前登録締切、必着
※作品搬入は7月27日~29日
●グランプリ(1点) 賞金100万円
●準グランプリ(2点) 賞金30万円
●優秀賞(6点) 賞金20万円
●奨励賞(2点) 賞金10万円
●地域特別賞(1点) 賞金5万円
募集内容
テーマにそったクラフト作品
【テーマ】
「抱擁 Embracement」2
※未発表の作品、または過去1年以内(2018年8月以降)に発表・発売済の作品に限る
※他のコンペ・見本市・メディア等で発表された作品も応募可
※金工、漆芸、木工、ガラス、テキスタイルなど、素材、用途は不問
※実生活上の用途を持ったもの
※適正な価格で販売可能なもの
※追加製作の可否は不問
※展示できる重さと強度、大きさや数量を考慮したもの
※複数応募可

【開催概要】
会期:9月19日~23日 10:00~18:00(予定)
会場:御旅屋セリオ(予定)
提出物
●出品申込書(公式ホームページよりダウンロード)
※制作意図や使用イメージなどのプレゼン資料(任意)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより、または提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
不問
参加費
一般:一種 1万円
学生:一種 5000円
※一種増すごとに3000円加算
審査員
●審査員長
大治将典(手工業デザイナー)

●審査員
安藤雅信(陶作家、百草廊主)
小林和人(ラウンダバウト・アウトバウンド オーナー)
下尾さおり(木工作家〈シモオデザイン〉)
高橋俊宏(Discover Japan 統括編集長)
寺山紀彦(デザイナー、美術作家)
結果発表
2019年8月中旬、応募者全員に通知
著作権の扱い
グランプリ受賞作品の所有権は主催者に帰属
応募作品の著作権、工業所有権等に関する権利は応募者に帰属
ただし、入賞および入選作品の展示、作品図録への登載、主催者が行うパブリシティへの使用の権利は主催者が有するものとする
主催
工芸都市高岡クラフトコンペ実行委員会
提出先・問合先

〒933-8567
富山県高岡市丸の内1-40 高岡商工会議所内
工芸都市高岡クラフトコンペ実行委員会 TR係
tel : 0766-23-5000 / fax : 0766-22-6792
mail : takaoka@ccis-toyama.or.jp

関連記事