募集終了

立飛パブリックアートアワード 2020

一言コメント
「立川から世界へ」パブリックアート作品案を公募

2020年春、東京都立川市に誕生する新たな街区「(仮称)GREEN SPRINGS」に設置するパブリックアート作品を公募します。40歳未満の若手作家を公募対象とした、立川の地から世界に新たな才能を羽ばたかせるアートアワードです。立川との出会い、環境の小径など、設置場所のテーマにそった作品案をご応募ください。
世界の若きアーティストにとって大きなチャンスになるとともに、立川のさらなる発展の契機となることを、強く期待しています。

締切
2019年04月04日 (木)
作品提出・応募締切、必着
●入賞(5組) 上記街区にパブリックアートとして作品設置の機会、賞金50万円、制作補助金
※詳細は公式ホームページを参照
募集内容
テーマにそった未発表でオリジナルの作品
【テーマ】
Think Our Own Well-being
私たちにとって、ウェルビーイングとは何か?
※ゾーンテーマおよび設置場所のテーマにそった作品案を募集
※設置場所にて最低でも3年間展示ができるプランに限る
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●エントリーシート(公式ホームページよりダウンロード)
●作品プラン
※全体図、画像(CGやイラスト、模型写真等)
●過去作品写真
●3年分のメンテナンスプラン
●予算計画書
※3年分のメンテナンス予算を含む
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
提出物を下記提出先までメールにて送付
参加資格
国際的に活躍することが期待される、応募時点で40歳未満の作家
※グループ応募の場合、メンバーの平均年齢が40歳未満であること
参加費
無し
審査員
岩渕貞哉(「美術手帖」編集長)
大田佳栄(スパイラル チーフキュレーター)
金澤 韻(現代美術キュレーター)
清水 卓(アーキテクト、デザイナー)
平賀達也(株式会社ランドスケープ・プラス 代表取締役)
ライヤ・コリ(フレームコンテンポラリーアートフィンランド ディレクター)
結果発表
2019年6月
著作権の扱い
受賞作品の展示、図録や報道、広告、ホームページ、その他関連媒体・資料等への掲載、利用の許諾など、受賞作品の著作権を行使し、利用する権利は、主催者に帰属するものとする
主催
株式会社立飛ホールディングス
提出先・問合先

立飛パブリックアートアワード 2020事務局
mail : info@tachihipublicartaward.com
※問い合わせの場合、メール件名は「【お名前】TPAA2020質問」とする