特集
2017/11/07 17:00

受賞者が語るアトリエサーカスのリアルな魅力「夢を叶えてくれるコンペ」1 / 2

登竜門 特集 受賞者が語るアトリエサーカスのリアルな魅力「夢を叶えてくれるコンペ」

レディースファッションブランド「merlot」が展開する、デザイン・イラストのSNS型コンペサイト「アトリエサーカス」。さまざまなファッションブランドが出すデザインテーマにそって、テキスタイルに使う作品を毎月募集しています。最優秀賞の作品は同ブランドの洋服として商品化されることから、毎回多数の応募が寄せられる人気コンペです。

今回、登竜門ではコンペ受賞者の方たちにアトリエサーカスのリアルな魅力を語っていただきました!

前半は、これまで2回ブランド「merlot」のコンペで最優秀賞に輝いた、たかはぎあやさんのインタビュー。出品作の作り方から受賞者ならではの喜びまでたっぷり語っていただきました。後半では、同じく受賞者のGANOさん、sachiko15さんにお寄せいただいたコメントを紹介。クリエイターのキャリアアップにどうつながったか、教えていただいています。


受賞者たかはぎあやインタビュー「みんなも商品化の感動を味わってほしい!」

―― アトリエサーカスに応募する理由はなんでしょうか?

アトリエサーカス テキスタイルコンペ 受賞者 たかはぎあや

たかはぎあや:福島県出身。小さいころから漫画やアニメが好きで、中学から高校まで絵画教室に通っていた。国際アート&デザイン専門学校イラストレーション科を卒業後、東京・茨城・福島を拠点にフリーのイラストレーターとして活動中。

理由は大きく3つですね。まずなにより「あなたのイラストが服になる」というコンセプト。自分のイラストを服にすることは夢だったのですが、自分一人の力ではなかなか実現できないので諦めていました。このコンペは私にとって夢を叶えるチャンスでした!

次に、みんなが投票できるというのも魅力だと思ったんです。一般の人に作品を評価してもらう機会はなかなかないですし、その評価を得票数として見ることができるので、いつも以上に緊張感を持って制作に取り組めました。時々いただくコメントも、すごくうれしいです。

3つ目は、応募から結果発表までの期間が短いことです。結果が分かるまでの期間はずっとドキドキしてすごく疲れてしまって(笑)。発表まで半年から1年待つことになるコンペが多い中、1か月ほどで結果を出してくださる審査の早さはすごくありがたいです!

―― デザインコンペにはいつごろから挑戦しているのですか?

たかはぎあや作品写真 右は、Suicaペンギン作者の坂崎千春が審査員を務めた「&イラストコンテスト」最優秀作品

写真左:デザインフェスタ vol.46(2017年11月11日・12日 開催)で販売のカード。写真右:自身はじめてのコンペ受賞作。Suicaペンギン作者の坂崎千春さんが審査員を務めた「&イラストコンテスト」(2013年)。登竜門を見て応募したそうだ。

アトリエサーカスのコンペには、2016年の第1回から応募しています。専門学校生時代から「登竜門」でイラストやデザインのコンペを見つけては応募していました。

ただ、はじめは自分の世界観を優先してつくることが多かったので、何度も落選しました。あるとき、与えられたテーマを理解してつくることが大事なんだと気づいて、それからは受賞することも増えていきましたね。

―― アトリエサーカス第10回コンペの最優秀作「ぽっぷんなコーン!」のアイデアは、どのようにして生まれたのでしょうか。

まず、作品の方向性を決めなければいけないのですが、そこで少し苦労しました。このコンペのテーマは「夏野菜の動物さん」なので、「トマトに抱き着く犬」などを描いてみたんですが、しっくりこなくて。ふとテーマに立ち返ると「夏野菜“と”動物」ではなく「夏野菜“の”動物」。夏野菜と動物を分けて考えてはだめだと思い、そのポイントを見失わないようにアイデアを出し直しました。

しばらく試行錯誤していたのですが、とうもろこしを題材に考えたとき、ポップコーンの色や形が羊に似ているかも! ってひらめいて作品の大枠が決まりました。

―― コンペのテーマを正確にとらえることが大切なんですね。ところで、テキスタイルならではの工夫はありますか?

使う色数を少なくまとめるように意識しました。実際に洋服になることを想定すると色数は少なくまとめた方が商品化しやすいし、紙では出せてもテキスタイルでは出せない色もあるので。これは前回受賞して商品化していただいた際に学んだことなんですが、その経験が活かせたと思います。

―― 自分のイラストが描かれた洋服を、実際に手にした時のお気持ちはいかがでしたか?

アトリエサーカス テキスタイルコンペ 受賞者 たかはぎあや

ふふふ……もう、夢を見ているようです! 最初に商品化された「ペンギンくんたちの夏の冒険」はすぐ売り切れてしまったのですが、2回目受賞では母や知り合いがすぐに買っていました。最近、SNSやテレビでこの服を着ている方を見つけてびっくり。本当に嬉しいです。

家族や知り合い、SNSを通していただいた声、誰かが着ている姿を見ること……みな大きな喜びですし、次の創作へのモチベーションにも繋がりました。

アトリエサーカス第10回 merlot コンテストテーマ「夏野菜の動物さん」最優秀賞作品。写真左は商品化されたテキスタイル、右は原画

アトリエサーカス第10回 merlot コンテストテーマ「夏野菜の動物さん」最優秀賞作品。写真左は商品化されたもの、右は原画。

―― 今後チャレンジしたいことはありますか?

これまで2度の受賞とも、ブランドは「merlot」でした。これからは「merlot」以外のブランドのコンペにも挑戦したいです。これまで受賞できた理由の一つには、私の作風が「merlot」の世界観と近いこともあったと思います。だから作品も作りやすかったのですが、これからは違った世界観を持つブランドが求めるものに応えられるようになりたい。
自主制作とは違うやりがいがあるので、お仕事としてのものづくりする楽しさをもっと味わいたいです。

―― 今アトリエサーカスのコンペに応募しようと考えている人に、メッセージをお願いします。

アトリエサーカスのコンペは夢を叶えるチャンスを与えてくれます。受賞したときの達成感はもちろん、商品化されたときの感動は本当に素晴らしいです。私が体験したような達成感や感動をみなさんにも味わってほしいです。ぜひ、思い切って応募してみてください!

アトリエサーカス テキスタイルコンペ 受賞者 たかはぎあや

たかはぎあや
ウェブサイト:http://moonberry00000.wix.com/kanpaneranomori
Twitter: @Berry1Moon
pixiv:https://touch.pixiv.net/member.php?id=4105130
2017年11月11日・12日、デザインフェスタ vol.46 出展予定
2018年3月、吉祥寺(東京都武蔵野市)にてグループ展を予定

次ページ:受賞者の声「次の仕事に繋がった! 私を後押しした存在」