募集終了

スマートアンブレラ デザインコンペ

近年、気候変動による気象災害等が激化し、都市生活に悪影響を及ぼす状況となっています。
さらに、新型コロナウイルス感染拡大や猛暑がもたらす熱中症患者の増加等、これまでの経験知では対応しきれない課題が出てきている中で、都市でのレジリエンス向上のためには、ハードの整備だけでなく、新たな生活様式等への転換や適応力を高めることも必要となっています。市民目線での検討、市民生活への浸透もあわせて必要です。
そこで、21世紀末に最悪、日最高気温が約4度上昇し、真夏日は約70日増加すると予測される大阪の街並み形成に向けて、都市の暑熱対策、脱炭素化(都市での木材利用)、新たな都市空間の創出に資する「スマートアンブレラデザインコンペ」を実施する運びとなりました。
また、当デザインコンペの実装部門の最優秀作品は、都市空間へ実装を目指して、試作し、2021年夏に社会実験を行う予定です。その先には、2025年の大阪万博への提案にもつなげていきたいと考えています。

締切
2021年02月28日 (日)
エントリー締切
※作品提出は3月15日まで
●最優秀賞(各1点) 賞金10万円
●優秀賞(各数点) 賞金3万円
募集内容
21世紀末に最悪、日最高気温が約4度上昇し、真夏日が約70日増加すると予測される大阪の街並み形成に向けて、2025年万博開催に相応しく市民が安心して賑わうことができ、都市の木質化や暑熱対策となる都市空間のデザインコンペ
※未発表のオリジナル作品に限る
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照

【部門】
未来部門:現在の技術では実現できないが、未来への提案としてのアイデア
実装部門:現在の智慧・技術を用いて実現できる具体的な提案としてのアイデア
提出物
【未来部門】
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●コンセプト、イメージ図、活用場面など
※A3 1枚
※pdfファイル

【実装部門】
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※pdfファイル
●コンセプト、活用方法
※A3 1枚
※pdfファイル
●設計図
※A3 1枚
※pdfファイル
※構造、部材等のイメージが分かるもの
参加方法
【エントリー】
公式ホームページの応募フォームより

【作品提出】
提出物(各2部)およびデータを下記提出先まで郵送
※提出物のデータはCD-R/WまたはDVD-R/Wに収めること
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
五十田 博(京都大学 生存圏研究所 教授)
岡 絵理子(関西大学 環境都市工学部 建築学科 教授)
川添 善行(空間構想、東京大学 生産技術研究所 准教授)
マニュエル・タルディッツ(みかんぐみ、明治大学大学院 特任教授)
吉田 篤正(大阪府立大学大学院 工学研究科 教授)
結果発表
2021年4月上旬ごろ、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
ただし、応募作品の広報利用、出版に関する権利は主催者に帰属するものとする
主催
スマートアンブレラデザインコンペ実行委員会
(一般社団法人大阪府木材連合会、健都スマートシティ協議会、関西大学 暑熱環境プロジェクト研究チーム、大阪HITEC、株式会社地域計画建築研究所〈アルパック〉)
提出先・問合先

〒541-0042
大阪市中央区今橋3-1-7 日本生命今橋ビル10F
株式会社地域計画建築研究所(アルパック) 大阪事務所
スマートアンブレラデザインコンペ実行委員会 事務局 TR係
tel : 06-6205-3600
mail : info_sumb@arpak.co.jp