募集終了

第54回 昭和会展

昭和会は1965年に現日動画廊社長の長谷川徳七が創設した、若手作家のための公募展です。第1回昭和会賞受賞作家の奥谷博先生が文化功労者に顕彰されたことをはじめ、歴代受賞作家たちは、現洋画壇を担う中心作家として成長、活躍しています。
画廊が主催することで、個展開催やグループ展への参加、また近年はアートフェアへの出品など受賞後の可能性は広く、作家の発掘だけでなく、育成に力を入れています。
芸術・アートという意味のもつ幅がことに広がる近年の現象は否めませんが、時代の流れに逆らうことなく、かつ伝統を重んじた技法、表現を尊重し、次世代へ受け継ぐ真なる作家たちの誕生を願ってやみません。
たくさんのご応募をお待ちしています。

締切
2019年02月02日 (土)
作品搬入
2月1日・2日 11:00~18:00
●昭和会賞 賞金200万円
●東京海上日動賞 賞金50万円
●ニューヨーク賞 1万ドル
●パリ賞 賞金30万円、パリ日動アトリエ1カ月貸与
募集内容
未発表の平面絵画2点

【開催概要】
会期:2019年3月22日~4月2日(日曜日休廊)
会場:日動画廊 本店
提出物
●作品
※50号1点、15号1点
※額縁は不要
※水彩等、紙に描かれた作品は折曲厳禁
※作品に搬入表を貼付
参加方法
提出物を下記提出先まで搬入または送付
参加資格
2019年2月末日時点で40歳以下の方
※国籍は不問
参加費
無し
審査員
太田泰人(女子美術大学 教授)
中村隆夫(多摩美術大学 教授)
土方明司(平塚市美術館 館長代理)
光田由里(美術評論家)
東京海上日動火災保険株式会社
Nahmad contemporary art
日動画廊
結果発表
2019年2月5日・6日、搬出会場に掲示
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
日動画廊
提出先・問合先

東京都中央区銀座5-3-16
日動画廊内
昭和会事務局 TR係
tel : 03-3571-2553 / fax : 03-3289-4446
mail : nichido@nichido-garo.co.jp

関連リンク

関連記事