あと104

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018【Cinematic Tokyo部門】

一言コメント
賞金100万円!「東京」をテーマにしたショートフィルムを募集

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は、2017年8月1日より20回目となる2018年度の開催に向けた作品募集を開始しました。
Cinematic Tokyo部門では、「東京」を題材にして、多様な東京の魅力を発信するショートフィルムを募集。東京をロケーションにしているフィルムをはじめ、東京を感じさせる題材や、想い出の東京を描いたもの、あなたのイマジネーションでも構いません。奮ってご応募ください。
 

【特集】誰にでもチャンスがある、断言していい - ショートショート フィルムフェスティバル & アジア Cinematic Tokyo部門 優秀賞 番場秀一・松宏彰
https://compe.japandesign.ne.jp/special/2017/09/30515/

 
2017年度の同部門において優秀賞・東京都知事賞を受賞したのが『東京音℃』。登竜門では、作品を制作した映像監督の番場秀一氏とクリエイティブ・ディレクターの松宏彰氏に、受賞の喜びと出品の魅力を伺いました。また、主催者からのメッセージも紹介。
締切
2018年01月31日 (水)
作品提出・応募締切、消印有効
●優秀賞 賞金100万円
※賞の名称、金額等は変更する可能性あり
募集内容
「東京」を題材にしたショートフィルム
※東京が作品の中で取り上げられていること
※イマジネーションや架空の東京も可
※日本国内初上映は不問
※25分以内(エンドクレジット含む)
※制作年は不問
※英語と日本語以外の言語による作品は、オリジナル言語の対訳の日本語字幕、または英語字幕をつけること
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●作品
※全フォーマット対象
※郵送の場合は、DVDおよび応募確認書のコピーを提出
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームに全項目記入のうえ送信後、事務局からの応募確認書メールを確認し、提出物をアップロードまたはDVDにて郵送
※詳細は公式ホームページを参照
参加資格
不問
参加費
無し
結果発表
2018年4月末を目処に公式ホームページにて上映作品を発表
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
ショートショート実行委員会
提出先・問合先

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル4F
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2018
Cinematic Tokyo部門 TR係
※海外からの発送の際は、下記を明記
No commercial value Non-pornographic For cultural purposes only