あと46

第73回 滋賀県美術展覧会

締切
2019年11月02日 (土)
作品提出・応募締切、必着
●芸術文化祭賞(各部門1点) 賞金10万円
●金賞(各部門1点) 賞金5万円
●特選(各部門数点) 賞金2万円
●佳作(各部門数点) 賞状
●滋賀県美術協会理事長賞 賞金1万円
●滋賀県造形集団奨励賞 賞金1万円
●公益財団法人木下美術館賞 賞金3万円
募集内容
滋賀県民による芸術作品
※運搬・展示に支障のない作品
※公募の展覧会に既に陳列した作品でないこと
【部門】
(1)平面(日本画・洋画・版画・その他平面作品)
(2)立体(彫塑・その他立体作品)
(3)工芸
(4)書
提出物
●作品
※ガラス入りの額は不可(アクリル板は可)
【平面】
※20号(72.7×50cm)以上~100号(162.1×162.1cm)以内、厚さ20cm以内
※版画は下限を設けない(額、マットは作品の大きさに含めない)
※展示時の作品の最大寸法はタテ162.1×ヨコ162.1cm以内とし、S100号を斜めに展示することはできない
※パネル展示できるように裏にはヒモを通し、額装等の配慮をすること
【立体】
※展示の状態で、2.0×2.0×2.5m以内
※手動可能で、展示上、危険ではない作品
【工芸】
※平面作品は、たて・よこがそれぞれ2.2m以内(外装を含む)
※立体作品は、重さ40kg以内、たて・よこ・高さの合計が2.4mを超えないこと、また、その一辺が1.5mを超えないこと
【書】
※作品仕上げ寸法3平方m以内(一辺が2.42mを超えないこと/軸表装は不可)
※篆刻刻字出品可、大きさは不問で手動可能なもの
※出品票下欄に釈文を記入の上、出品票・出品票(副)・審査結果通知とともに額装裏面の右中段に貼り付け
●出品申込書兼出品規定同意書・出品作品預り証・出品票・出品票(副)・審査結果通知
※応募は一人各部門1点
参加方法
提出物を下記提出先まで搬入
参加資格
滋賀県内に在住または通勤・通学する者(中学生以下は除く)
参加費
出品料
1点につき1300円
※ただし、2019年4月1日時点において18歳未満の方は、減免申請により650円
審査員
【第1部 平面】
太田垣 實(美術評論家)、城 康夫(洋画家)、畠中光享(日本画家)、古野恵美子(洋画家)、山河 全(洋画家)
【第2部 立体】
篠 雅廣(美術評論家)、三木 豊(彫刻家)、宮﨑豊治(彫刻家)
【第3部 工芸】
兼先恵子(染色家)、德力竜生(硝子工芸作家)、伯耆正一(陶芸家)
【第4部 書】
川合玄鳳(書家)、小林章郎(書家)、中村立強(書家)
結果発表
2019年11月9日、公式ホームページにて
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
滋賀県、滋賀県教育委員会、滋賀県芸術文化祭実行委員会、公益財団法人 びわ湖芸術文化財団
提出先・問合先

【平面・書 搬入先】
〒525-0059
滋賀県草津市野路6-15-11
草津市立草津クレアホール リハーサル室 TR係
【平面・立体・工芸・書 搬入先】
〒521-0016
滋賀県米原市下多良2-137
滋賀県立文化産業交流会館 イベントホール搬入口 TR係
【問合せ先】
〒520-0806
滋賀県大津市打出浜15-1
公益財団法人 びわ湖芸術文化財団 地域創造部
tel : 077-523-7146