あと85

第6回サンゲツ壁紙デザインアワード

一言コメント
壁紙のデザイン大募集!大賞は賞金100万円

株式会社サンゲツは、住宅、商業施設、オフィス、ホテル、医療福祉施設など、さまざまな空間で使われるインテリア素材を提供し、人々が空間をデザインするよろこびをお届けしてきました。

単にインテリア素材を供給するのではなく、人々がそのインテリア素材を使い、デザインし、その空間で楽しみ、安らぎを得ること。それがサンゲツの社会での役割と考え「Joy of Design デザインするよろこびを」をブランドコンセプトに掲げ、豊かな生活文化の創造を目指しています。

その企業活動の一環として、2017年に「サンゲツ壁紙デザインアワード」を立ち上げました。皆さまの応募作品からまだまだ広がる壁紙の可能性を実感し、今年も「第6回サンゲツ壁紙デザインアワード」を開催します。

締切
2022年09月30日 (金)
エントリー締切 18:00まで
※作品提出は10月11日(火)まで
●大賞(1点) 賞金100万円
●優秀賞(1点) 賞金50万円
●審査員賞(4点) 賞金 各15万円
●ファイナリスト賞(複数点) 賞金 各2万円
※商品化の場合あり
※該当なしの場合あり
募集内容
テーマと課題にそった未発表でオリジナルの壁紙デザイン

【テーマ】
Joy of Design

【募集対象】
壁紙

【課題】
社会の変化の中で新しい価値観が生まれ、暮らし方を考える機会が増えました。
人々にとっての豊かな生活文化とは何か、それに対して壁紙ができることは何か。
「空間」における壁紙の役割はまだたくさんの可能性を秘めています。空間全体で優しく私達を包み込むものだけでなく、アートを飾るように壁面の一角で個性を象徴するものなど、壁紙ひとつで「人」の居心地をつくることも、表情を変えることもできます。
「Joy of Design」をテーマに「壁紙」というプロダクトの特性をふまえ、“あなたが想い描く「人」の日常やさまざまなライフシーンを彩る「空間」”にふさわしい壁紙をデザインしてください。

※壁紙は壁面や天井面に貼る内装仕上げ材
※デザインのサイズに制限なし
※壁紙は92cm巾のロール状の製品で、1巾ずつ繋ぎ合わせて貼る
※激しい凹凸や複雑な凹凸などの立体表現は不可
※型押しやインクの盛り上げでテクスチャーを付ける表現は可
提出物
A~Eを指定の方法で各アートボード(厚み1mm以上5mm以下)に貼付
※A、B、C、Eは公式ホームページよりダウンロード
※詳細は公式ホームページを参照

●提出物1(A3、横向き)
A. 空間イメージ図
※壁紙が貼られた空間のイメージ(パースやスケッチなど)を表現すること
B. デザイン画 縮尺10分の1
※巾920mm×高さ1850mmのデザイン画の縮尺を10分の1で表現すること
C. 作品情報
※使用言語は日本語または英語に限る

●提出物2(A2、横向き)
D. デザイン画原寸
※表現方法は不問
※柄やパターン(CGやスケッチなど)を原寸大で表現すること
E. 裏面用エントリーナンバー/チェックリスト
※Dのアートボードの裏面に貼付
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームに登録し、提出物を下記提出先まで送付
参加資格
不問
※2022年12月中旬に東京にて開催予定の最終審査およびセレモニーに参加できる方
参加費
無し
審査員
●審査委員長
安田 正介(株式会社サンゲツ 代表取締役 社長執行役員)

●審査員
植原 亮輔(株式会社キギ 代表、クリエイティブディレクター・アートディレクター)
岡安 泉(株式会社岡安泉照明設計事務所 代表、照明デザイナー)
山﨑 健太郎(株式会社山﨑健太郎デザインワークショップ 代表取締役、建築家)
座間 望(ZA DESIGN Inc. 主宰、インテリアデザイナー)
結果発表
【一次審査】
2022年10月下旬、通過者へメールにて通知
【最終審査】
12月中旬、審査会終了後のセレモニーにて発表
後日、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
ファイナリスト賞を除く受賞作品(上位受賞作品)については、知的財産権等の権利は主催者に帰属するものとする
上位受賞作品以外の応募作品については、知的財産権等の権利は応募者に帰属
ただし応募者は、主催者が、本アワードに関連する目的のために、応募作品および提出資料を複製、公衆送信、発表、展示等して無償で利用することを承諾すること
主催
株式会社サンゲツ
提出先・問合先

【提出先】
〒140-8611
東京都品川区東品川3-20-17
株式会社サンゲツ サンゲツ壁紙デザインアワード係

【問合先】
株式会社サンゲツ サンゲツ壁紙デザインアワード事務局
mail : info@sangetsu-award.jp

関連記事