あと7

第52回 埼玉文芸賞

締切
2020年12月01日 (火)
作品提出・応募締切、消印有効
●埼玉文芸賞(各部門1名) 賞状、記念品、賞金20万円
※該当者がいない部門については、準賞(賞状、記念品および賞金10万円)を贈呈することあり
※高校生等(2020年度末18歳以下の方)の作品について、奨励賞(賞状および図書カード)を贈呈する場合あり
募集内容
優れた文芸作品
※2019年12月1日~2020年11月30日までの間に創作された作品、または同期間内に新聞・雑誌等に発表または単行本として刊行された作品
【部門】
(1)小説・戯曲(シナリオを含む)
(2)文芸評論・伝記・エッセイ
(3)児童文学(小説・童話・詩)
(4)詩
(5)短歌
(6)俳句
(7)川柳
提出物
●応募票(公式ホームページよりダウンロード)
●作品
※作品は1点につき3部提出すること(コピー可)
※原稿用紙以外での応募の場合、基準枚数は文字数だけでなく、空白を含めた総字数により400字詰め原稿用紙換算を行うこと
【小説・戯曲(シナリオを含む)・文芸評論・伝記】
※30~100枚(1万2000~4万字)
※応募は一人各部門1編とする
【エッセイ】
※10~30枚(4000~1万2000字)
※応募は一人1編とする
【児童文学(小説・童話)】
※5~100枚(2000字~4万字)
※応募は一人1編とする
【児童文学(詩)・詩】
※応募は一人10編とする
【短歌・俳句・川柳】
※応募は一人50首/句とする
※その他の詳細は公式ホームページを参照
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
参加資格
埼玉県内に在住または在勤、在学の方
※ただし、2005年4月1日以前に生まれた方
参加費
無し
審査員
相澤与剛、北原立木、高橋千劔破、佐藤健一、杉浦 晋、野村路子、天沼春樹、金治直美、櫻沢恵美子、北岡淳子、鈴木東海子、野村喜和夫、大河原惇行、沖 ななも、外塚 喬、岩淵喜代子、落合水尾、尾堤輝義、酒井青二、相良敬泉、四分一周平
結果発表
2021年3月上旬、入選者に通知
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
埼玉県、埼玉県教育委員会
提出先・問合先

〒363-0022
埼玉県桶川市若宮1-5-9
さいたま文学館 埼玉文芸賞担当 TR係
tel : 048-789-1515 / fax : 048-789-1517