結果発表
2018/11/29 10:00

第三回 なら PHOTO CONTEST

応募作品数:392点(カテゴリー1)
受賞作品数:2点(カテゴリー1)(入選を除く)
主催:入江泰吉記念写真賞実行委員会
共催:奈良市、一般財団法人奈良市総合財団、入江泰吉記念奈良市写真美術館
カテゴリー1

なら賞

奈良の歴史と文化の香り(5枚組写真)
川邊由紀典
奈良の歴史と文化の香り(5枚組写真)
審査コメント
国際観光都市・奈良にふさわしいテーマを的確なスナップショットの技術で表現している。古都と外国人観光客の組み合わせはよく見る光景だが、こうして写真で見ると彼らの存在が街を活気づけていることがよくわかる。5枚の写真の選び方、並べ方もうまくいった。光の状態に気を配りながら、スムーズに写真の流れを作っている。ステレオタイプな奈良のイメージに納まらない写真が大賞に選ばれたのはとてもよかったと思う。(写真評論家・飯沢耕太郎)

日本経済新聞社賞受賞

栢森(かやのもり)の綱掛神事(3枚組写真)
西村充康
栢森(かやのもり)の綱掛神事(3枚組写真)
審査コメント
第三回なら PHOTO CONTESTの応募作品数は392点でした。審査会場の机に膨大な数の作品群が次々と並べられ、1作品ずつゆっくりと見てゆきます。奥明日香の栢森地区に伝わる子孫繁栄、五穀豊穣などを願う伝統行事「栢森の綱掛神事」をとらえた3枚組の写真を前にした時、何故か足が止まりました。神事の一連の流れを的確にとらえ、記録した写真でありながら、それ以上の何かを訴える力強さが感じられたからです。写真から伝わってくる現地の空気感や神事の緊張感。写真の中に引き込まれ、自分がまるでその場にいるような気にさせられる作品でした。(日本経済新聞社 大阪支店
写真部長・黒阪幸伸)
関連記事