あと37

第20回 シーフード料理コンクール

締切
2019年09月26日 (木)
作品提出・応募締切、必着
●農林水産大臣賞 副賞(商品券+高品質鍋)
●水産庁長官賞 副賞
●大日本水産会会長賞 副賞
●日本放送協会会長賞 副賞
●日本おさかなマイスター協会会長賞 副賞
他賞あり
募集内容
テーマにそったオリジナルレシピ
※国産魚介藻類(地元や身近な魚・貝・海藻類、プライドフィッシュ等を参考に、入手可能なもの)とご当地の食材をできる範囲で使用すること
※実技審査(12月)で発表するレシピのため、この時期に入手できる食材とするが、応募時は代わりの食材でも可(使用予定の食材名を明記)
※国産魚介藻類を使った一品料理(ごはん系、汁物系、おかず系、デザート系等)
※地域に伝わる郷土料理やご当地グルメ等も参考に自身のアイディアが加わった料理
※料理には、国産魚介藻類のほかに、ご当地の食材をできる範囲で使用し、野菜も組み合わせる等、全体のバランス(彩りなど)も考慮すること
※材料は二人分とし、簡単に作れるよう材料数や作り方(工程)を工夫すること
※材料費は二人分3000円程度、調理時間は二人分40分以内(ごはんを炊く、出汁をとる時間は含まず)を目安とする
※未発表および発表予定のない作品に限る
【テーマ】
簡単に作れる 私の一押し!ギョ(ご)当地ギョ(魚)料理
【部門/テーマ】
(1)プロを目指す学生部門
(2)お魚料理チャレンジ部門
提出物
●応募票(公式ホームページよりダウンロード)
●料理写真
※両部門ともに、料理名、魚介藻類を選んだ理由、その料理を作る上でのポイント等を明記すること
参加方法
公式ホームページの応募フォームより投稿
または、提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
【プロを目指す学生部門】
調理師専門学校・高等学校調理科・栄養専門学校・短期大学・大学で専門的に調理・栄養を勉強している学生、および将来、食のプロを目指している同類の学生、漁業関係推薦の同学生
【お魚料理チャレンジ部門】
「プロを目指す学生部門」以外の学生(小・中・高・大・専門学生等)、一般の方(プロアマ不問)、および漁業関係推薦の方
参加費
無し
審査員
服部幸應(学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長)
他7名
結果発表
2019年12月7日、実技審査にて
著作権の扱い
応募作品の諸権利は、JF全漁連(全国漁業協同組合連合会中央シーフードセンター)に帰属
主催
全国漁業協同組合連合会(JF全漁連中央シーフードセンター)
提出先・問合先

〒101-8503
東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル
JF全漁連・消費拡大対策室内
「第20回 シーフード料理コンクール」 TR係
tel : 03-3294-9674 / fax : 03-3294-3347